夢中になれる何かを...

勢いで買ったプレイステーション2、あまりゲームをしない方でも何となく家に存在しているこの機械。私が買ったソフトはウィニングイレブンというサッカーゲームだけでしたが、最近ファイナルファンタジーXなるソフト(いまさら)を買いまして、ただ今ハマリ中です。

世の中にはゲーマーと呼ばれる人達がいます、私個人の意見ですが"ゲーマー"という単語は、決して良い意味で用いられる場合が少ない言葉だと思います。お洒落で格好良いイメージではないですよね?そもそも、ゲームをしている人=暗くてオタッキー、という図式はいつから出来たのでしょう?

人は人生で必ず夢中になる何かがあります。仕事や趣味、好物でもいいでしょうが、何かに没頭する事は悪い事ではないと言えます。その対象が良い悪いに関わらず、それを卑下するのは良くない事です。
私は絶対バカにしない!少なくとも心の中では「コイツスゲー」と尊敬します。だって、何かに打ち込んで極めるのはとても大変だから。例えどんな事でも...。
[PR]

by 35624 | 2004-12-01 06:27 | 雑記  

<< ロスト・イン・トランスレーショ... エレクトラグライド初参戦レポ! >>