「BITCHES BREW」を聴いたあの頃...

b0056306_23594694.jpg
ジャズ界一の大物、少なくとも私のイメージは確実にそうです。BLUE NOTEを順番に集めようとした矢先に、この歴史的名盤であるMILES DAVISの「BITCHES BREW」を知ってしまい、確実に私のBLUE NOTE集めを阻止しました。
TOTOやDONALD FAGENといったフュージョン懸った音に飽き始めていた頃、MILES DAVISのファンキーなエレクトリック・ジャズを聴いて感動した日を覚えています。

ジミヘンドリクスを追いロックを聴いていたという事も真に頷けますよね。生粋のジャズファンからは、本当に意見の分かれる作品だと言われていますが、大作であり秀作の出来だと思います。

知らなければ一生聴かないだろうと思われる音楽ってありますよね?昔、NHKのジャズ特集でコレを知りました。みなさんも良いキッカケに出会えると良いですね。
[PR]

by 35624 | 2004-12-11 00:07 | 音楽  

<< 「香水 ある人殺しの物語」、ブ... たまには...。 >>