追悼 マイ・ドッグ

昨日、我が家で長年可愛がってきた犬が、この世を去りました・・・。

最近まで元気に吠えていましたが、ここ二~三日、急にグッタリしてしまい、本日16年という小型犬にしては大変長い寿命を終えました。泣かぬと思っていた私の目からは、一粒二粒と涙がこぼれ、愛犬との楽しい一時が何度も思い出されました。命が終わる直前、最後の力を振り絞り立ち上がったのも虚しく、大量の吐血と供にパタリと倒れこんだ時の映像は、今でも鮮明に覚えています。こんなに悲しいものだとは...、これが人間だったらどうなってしまうんだろう?カート・コバーンのように、ライフルで頭をぶち抜いて、死んでしまいたくなるのではないか?

動物を飼う事には想像以上に責任があります。果たして、私がその責任を全うできたかどうかは疑問ですが、ペットに愛を持って接してきた事だけは誇れます。ペットを飼っている方へ...、生きているウチに沢山の愛情を注いであげてください!!

まぁ、なんて辛気臭い文章なんでしょう。お許しを...。
[PR]

by 35624 | 2004-12-29 02:08 | 雑記  

<< ランチタイムの妄想 レンタルビデオでのジャケ買い >>