自分衝突

b0056306_23575654.jpg
パンクと言えば直ぐ思いつくディスク、セックスピストルズの「勝手にしやがれ」。ジャン・リュック・ゴダールを想像するこの邦題は、ピストルズを伝説のパンクバンドたらしめるのに一役買っているでしょう。しかし、デッド60'sの1stアルバム「無線衝突」もインパクトで言えば、負けていないですね。

ご存知のように、彼らの音楽性は昨今のポストパンクリバイバルの波に乗り、ジャマイカンミュージックを絶妙にフィーチャーした・・・、そうまさしく現代に甦った"ザ・クラッシュ"のようだと評されています。クラッシュやスペシャルズは元より、トーキングヘッズやスリッツ、果てはキング・タビーやスクラッチ・リー・ペリーといったジャマイカ音楽の至宝までも持ち出され、いささか大袈裟過ぎる扱いになってのではないか?という疑問も無きにしもあらずですが、しっかりとアルバムをゲットしている私が言えたものではないですな。

全編に亘ってグルービー&ソリッドなギターサウンドが聴け、あっという間に聴けてしまう本作品、オススメです!

<補足>
コールドプレイの新作から抜け出せない私は、この作品の封を開けるのに時間がかかりました・・・。
[PR]

by 35624 | 2005-06-10 00:34 | 音楽  

<< あれっ 本屋で旅行ガイドブックを読むのが好き >>