さまそに05 中編

どうしようもない駄文ですが、前編を読んでない人は、前編を読もう!この記事のすぐ下↓です。

■ 13:10~ □ YELLOWCARD □
THE OTHERS、BULLET FOR MY VALENTINE、見ておきたかったバンドを次々と逃し、マリンスタジアムに帰ってきたのが1時過ぎ、ステージではYELLOWCARDが演奏を始めていた。この手の米国産パンクバンドは、スタンド席で見るに限る。年老いた私は、キッズ達の暴れっぷりについていけないからという理由も勿論、この日は次のオーディナリー・ボーイズの為に体力を温存したいからという理由もあり、スタンド席に座って観戦しようと決めたのだ。
彼らのアルバムは何回か聴いたが、CDよりもライブの方が数倍良い・・・、気がする。スタンドと言えど、暑さで倒れそうだった。

■ 14:20~ □ THE ORDINARY BOYS □
本日、始めてグラウンドに降り、ブロック前方へ行った。オーディナリーズは、それとなく楽しみにしていたバンドで、彼らのCDは今日までに聴き込んでいたという理由から、絶対に楽しめると考えていたのだ。1曲目から"Over the counter culture"、ほうらキタ!が、この曲のキモだと思っていたホーンセクションが無い・・・、彼らのライブっていつもこうなのか??セットリストは2nd、1stアルバムの中でも私の好きな曲は一通り聴けたし、"Boys Will Be Boys"は特に楽しかったし、盛り上がりはイマイチだった中で自分的に満足だったのだが、ホーンが無いというだけで、最後に演奏してくれた"SEASIDE"も嬉しさ半減。
感想的な事を言わせてもらうと、彼らは修行の余地アリ。機材の調子か、あの会場の音が悪いのか分からないが、CDで聴くのとライブで聴くのとに、それほど差が無いようにも思う、むしろ目をつぶればCDの方が良く感じるかも知れない。

■ 15:30~ □ ASIAN KUNG-FU GENERATION □
一息つく間も無く、ブロック前方でアジカンを見る事になった。この時間帯の裏では、ソニックステージではBLOCPARTYが、ロックステージでは木村カエラが出演する予定となっている。正直な話、どれも甲乙付け難かったが、アジカンに決めていた。理由は至極簡単、移動がメンドクサイからだ。。。(←こんな調子で、ずっとマリンにいました)
さてさて、今回初めて拝ませて頂いたが、かなり楽しめたように思う。1曲目"君という花"のイントロを聴いた瞬間、大きな歓声と共に飛跳ねる観客(悔しい事に、その歓声はオーディナリーボーイズの時よりも大きかった・・・)。そのテンションのまま、次曲"Re:Re:"が演奏され、既に私はアジカンワールドへの扉を開けていた。CDで何回も聴いた"リライト"、"アンダースタンド"、"ループ&ループ"、自分の好きな曲を全て演奏してもらったところでライブ終了、最高の展開。
[PR]

by 35624 | 2005-08-15 20:34 | 音楽  

<< さまそに05 後編 さまそに05 前編 >>