Jeff Mills@WOMB

b0056306_22264186.jpg

渋谷にあるクラブWOMBにて開催された"Jeff Mills presents Contact Special"というイベント、眠い目を擦りながらも行って参りました。

深夜1時、いつもならとっくに寝ている時間なのだが、何故か渋谷にいる。そう、今日は前々から楽しみにしていたイベント"Jeff Mills presents Contact Special"の最終日なのである。私自身、ミニマルテクノが中心のイベントなど行った事が無いので内心ドキドキしており、センター街付近で喚き散らす如何わしい連中(人はそれをギャル男と呼ぶ)を横目に、さらにドキドキした。

途中、待ち合わせ場所で友人を拾い、いざWOMBへ乗り込もうとしたのだが、ここで一つ大きな問題が発生。友人の一人が身分を証明するものを持っていなく、IDチェックが受けられないために、「入れません!」と言われてしまったのだ。普通なら、"そんな訳で帰りましたとさ"と、ここで文章が終わるはずなのだが、この日は違った。なんと、入口のお兄さんにお願い(約20分)して入れてもらったのだ!

中に入ってからは、あれよあれよと時間が過ぎた。WOMBというクラブは、4フロアから成るハコで、1Fに小規模なダンスフロアとラウンジ・スペース、大空間をフルに使ったメインのダンスフロアは2Fになる。3F、4Fに至っては、メインのダンスフロアを上から眺めるための空間になっており、高見の見物ができる。

軽く乾杯をした後、速攻で2Fに向かい、まずはELEKTRABELという聞いた事も無いDJのプレイを拝む。が、これが凄かった!正直、ミニマル独特の早いテンポに合わせて踊るのは、非常に難だと思っていたのだが、少しもそんな事を感じさせなかった。客の盛り上がりも半端では無く、広い空間に多くの人が犇めき合った。

午前3時頃、ようやくお目当てのJeff Millsが登場し、ほぼ最前列で陣取っていた私達は、あま
りの興奮に叫んだ。彼は、無表情で怪しげな機械類をいじっており、その手捌きも流麗だった。

「暑過ぎる・・・」
序盤、彼のプレイが本領を発揮していないにも係わらず、異常な暑さで外に出たくなった。踊っているから当然なのだが、それにしてもおかしいくらいに暑い。心なしか、視界がぼやけてきている。このまま倒れてしまうのではないか?と、余計な想像をしたが、そうではなかった。加湿器と霧発生装置みたいなもので、実際にフロア全体が霧に包まれており、強烈な暑さも演出だったのだ。

ついには、となりの人の顔さえ確認できなくなるくらい視界ゼロになったところで・・・、
強烈な冷気を浴びせられ、本格的にジェフが強烈なビートを刻みだした!
これには、友人もフロア全体も大熱狂!
自分が何をしているか、誰がどこにいるか全く分からない状況で、踊らされている!
何も見えない!見えるのは真っ白な煙だけ!

てな感じで、なかなか面白かったです。こういう系統の音楽に興味無くても、全く問題なく楽しめます。私のような夜弱い人は、ちと頑張りが必要ですが。

<追記>
FRANZ FERDINAND@武道館のチケット、ゲットしました。
[PR]

by 35624 | 2005-10-29 23:01 | 音楽  

<< 恐ろしや~ BOC  「the campf... >>