STROKES 「First Impressions Of Earth」

b0056306_21565057.jpg
よく見るサイト、ブログのみならず、様々なところで「良い!最高!」という噂を聞いています。STROKESの3rdアルバム「First Impressions Of Earth」。1st、2ndアルバムを愛聴してきたファンにとっては、先行シングル"Juice Box"での激しいリフ、体の芯に響くベースを聴いて、驚きを隠せなかった事でしょう。「アルバムは今までになくハードな作風になるはず」、そう思ったはずです。が、そうでもなかったですね。。。

2ndアルバムの冒頭を彷彿とさせるM1."You Only Live Once"、まさにストロークスらしいシンプルながら深みのある楽曲です。そこからシングルで発売された"Juice Box"へ。前曲"You Only Live Once"が、M2."Juice Box"への序章のように感じたのは私だけでしょうか?アルバムで聴くとまた違った面白味がありますね。
序盤から新たな試みを見せつつも、4曲目に収録されている"Razorblade"などを聴くと、私は安心してしまいます。2ndアルバムで見せたカラフルなギターバリエーションを活かしつつ、相変わらずのグッドメロディを聴かせます。そして、最も書きたいのがM7."Ask Me Anything"。澄んだメロトロンの音とジュリアンのヴォーカルのみで構成されていながら、アルバム上で最もドラマチックに聴こえ、賛否両論を浴びていると知りながらも、完全に心を奪われてしまいました・・・。
新世代バンドの多くが、新作をリリースする度に失速(どのバンドとは言いませんけど)していく中、3作目にしてまたも革新的な作品を作ったストロークス、斬新なアイデアでモダンロックを体現してくれるバンドですね。

<レビューを書き終えた後に>
これだけの文章にエラく時間がかかりました。
[PR]

by 35624 | 2006-01-07 23:44 | 音楽  

<< 午後のコーヒー的な幸せ 元旦 >>