いいんだよ!グリーンだよ!! 後編

MYSTERY JETS後、まさかの雨・・・。普通なら落胆するはずが、この場所では"雨"もイベントの一つだと考える。そんなわけで、雨合羽も着ずにオアシス付近をウロウロしていたら、かなり本格的に降ってきた為たまらずレッドマーキーで雨宿り。そこでは既にTHE LIKEが出演の準備を始めており、せっかくなので拝見する事にした。女性3人から成るロックバンド、曲目自体は敢えて特筆するものでもないが、ポップ寄りだろうという私の勝手な想像を見事に打ち崩してくれた。(さらに付け加えると、ベースの子が綺麗だった)

16時30分。雨が一向に止まないため、屋根が確保できるレッドマーキーから移動できず・・・、雨を凌ぐ客も次第に膨れ上がり、テントは人で埋め尽くされる。この場所で18時40分から演奏を始めるJUNIOR SENIORをどうしても観る予定だった私達は、もうずっとここで待機する事に決定(要するに横山ケンを蹴ったのだ)した。かくして、JUNIOR SENIORまでの間に予定には無かったJENNY LEWISを観賞。このJENNY LEWIS、私のストライクゾーンに入ったのは開演直後だった・・・。ヴォーカルだけが際立つ音楽かと思っていたが、懐古的なフォークソングに謎の双子(?)コーラスが合わさり、とてもストレンジな雰囲気に包まれている。ジャック・ブラックのような風体のギタリストも、"雇われ"かと思いきや突然メインヴォーカルに様変わりし、私を驚かせた。これぞ新たな発見!フジから帰還後、即CDを探しに行ったのは言うまでも無い。

JUNIOR SENIOR!JUNIOR SENIORである!擦り切れるまで聴いた1stアルバム、自宅の風呂場で何回熱唱したか分からない"Move Your Feet"、ついにジュニアとシニアを目撃するチャンスがやってきた!開演前からそれまでとは違う異様な熱気に包まれたレッドマーキー、テント内の入場率は120%、そして大歓声と共に彼らはステージに立ち、"Go Junior, Go Senior"を演奏すると物凄いモッシュが・・・。頑張ってステージが良く見える位置まで来たが、あまりの盛り上がりに少し後退する。そこからは、もう一言では言い表せぬ幸福感を味わった。"We R The Handclaps"ではこの世のモノとは思えぬ高音ヴォーカルに腰を抜かし、"Can I Get Get Get"ではこれまたこの世のモノでは無かったシニアの踊りがとても気持ち悪かった(でも最高)。だがしかし、最も感動したのは"Move Your Feet"!大合唱に次ぐ大合唱!こうして私は涙を流してしまうわけですよ。

雨が止んだので、夕食がてらオアシスへ移動。もち豚を食す!美味!さらに野菜カレーも食う!ビールも飲む!という暴飲暴食をしている間、聴き慣れたイントロが。KULA SHAKER、始まってました・・・。大急ぎでレッドマーキーに向かうもあまりに客が多いためにヤル気を失くす私。結局、テントの入口から大分遠くに見えるクリスピアンを眺める・・・、あれだけ「観たい!観る!」と言っていたが、実際はこんなものである。"Grateful When You're Dead"を聴き終えたところで見切りをつけ、RED HOT CHILI PEPPERSを最初から観る予定に変更。

b0056306_237449.gifb0056306_238263.gif









上の画像(↑左画像参照)はレッチリ開演前のグリーンステージ。フジロックに来て以来、初のグリーンステージである。4万人規模のスタンディングエリアは人で埋め尽くされ、会場内は大きなざわめきを見せていたように見えた。そして彼らの登場、RED HOT CHILI PEPPERS!"Can't Stop"で始まるセットリスト、2曲目には早くも"Dani California"が飛び出し場内は興奮の渦に巻き込まれる。お次も大好きな曲"Scar Tissue"、とここまでは私好みだったのだが、本日のセットリストは新曲中心。最新アルバムをもっと聴いていれば良かった~と少し後悔も・・・。合間合間にセッションを取り入れ、ついにはギタリストのジョン・フルシアンテのソロ(BEE GEESの曲、これは泣けた)が聴けた。全ての観客の心を掴んだかに見えた"Californication"、お約束の"By The Way"も取りこぼす事無く本編終了。アンコールは"Give It Away"、我を忘れるくらいの盛り上がり!

--- 番外編へ続く(かも) ---

<後編あとがき>
もう、JUNIOR SENIORは本当に良かったです。泣けました。
それとレッチリはさすがの貫禄でした。終わってみたら、「あれ"Under The Bridge"は?"Otherside"は?」という疑問もあったのですが、良い演奏をしてくれたので文句言いません。それよりも、終演後の移動(帰宅)ラッシュの方が問題アリです。

今回、オフィシャルグッズ等は一切買わなかったので、手元に残ったのはパンフレットとリストバンド(↑右画像参照)だけです。ああ、終わってしまった。行ってみて思ったのは、本当に天国にいるような感覚に捉われた事、おかげで次の日は脱力感が凄かったですね。。そして、また苗場に行きたいと強く心に誓いつつ、レポ本編を締めたいと思います。お疲れ様でした!
[PR]

by 35624 | 2006-08-04 00:22 | 音楽  

<< 海賊王に俺はなるっ! いいんだよ!グリーンだよ!! 前編 >>