青春、それは・・・

b0056306_033420.jpg一昨日の話になりますが、朝早くから神保町で映画を観てきました。「紙屋悦子の青春」、戯曲の映画化作品でございます。主演に迎えるは永瀬正敏、原田知世、戦争映画には(なんとなく)ピンとこないメンツではありましたが、そこまでシリアスな内容では無かったので難なく観賞致しました。内容を知りたい方は公式サイトを覗いてみてください。

<感想のようなもの>
昭和初期に生きる庶民の暮らしをリアルに表現するには舞台劇よりも映画の方がうってつけ、特に戦後間近頃の"食事"について多く触れていて感心しました。また、テーマが"お見合い"だという点もとても面白かったです。出演者の中で輝いていたのは、小林 薫。原田知世は、台詞が方言だからなのか、少しぎごちなく感じてしまいました。

映画を鑑賞後、御茶ノ水でCD狩り。戦利品の紹介↓

aiko 「彼女」
Mars Volta 「Amputechture」
Forward Russia 「Give Me A Wall」
Jenny Lewis 「Rabbit Fur Coat」

勿論、現在のヘビロテはaikoです~。
[PR]

by 35624 | 2006-09-06 00:40 | 雑記  

<< ロックのテロリストやーーー 他力本願の本当の意味って?? >>