You scream!!

9月20日水曜日、あるバンドのライブを観るためにzepp tokyoへと赴く。
ロックとダンスミュージックの融合を果たした歴史的名盤「SCREAMADELICA」、パンクスピリットを根幹にデジタルサウンドを極限まで推し進めた快作「EXTERMINATOR」、そして2006年、土臭いブルースと共にその雑食性を再認識する結果となった最新作「RIOT CITY BLUES」のリリース。生み出されてきた数々の名作名盤に共通する言葉が浮かび上がるのは私だけだろうか、
「ロックンロールは夢の武器、勝利の日まで!」
広い会場で私は彼らの名前を大きな声で叫んだ。↓↓
b0056306_16561586.gif
と、無駄な演出から始まりましたが、プライマルスクリーム@zepp tokyoに行って参りました!レポートらしきものを書いてみましたので、お時間ある方はお付き合いくださいませ。レポスタート↓

開演時間は午後7時、だがしかし会場の近くで待機しつつも、私の時計は無情にも7時10分を廻っている・・・。遅れてくる連れのチケットを持っていたおかげで、私まで待つはめになったのだ。「今日は何曲聴き逃すのだろう・・・」とソワソワ&ウロウロが止まらない中、やっと友人の到着。小走りで入場した私は歓喜の声をあげた、まさに今始まったような状態だったのだ!しかも聞き覚えのあるイントロ・・・、もとい確かに愛すべき曲のイントロが聴こえてくるではないか、"Movin' On Up"!もう、出鼻からエンジン全開で踊る踊る~、歌う歌う~

"Jailbird"まで興奮気味で狂喜乱舞していたのだが、ここで最高のチルアウトソング"Shoot Speed Kill Light"が演奏される。もうこの曲とは長年の付き合い、安心感さえ感じてしまうほどだ。気になる新作からは"Dolls"や"the 99th floor"(あと何を演奏しましたっけ??)などなど、ライブで聴きたいなと思っていた曲が次から次へとプレイされて驚く私、でもやはり盛り上がったのは"Country Girl"!自分の観戦位置はマニ側の比較的前方だったのだが、瞬く間にフロアは修羅場と化す。そして間髪入れずに"Rocks"を演奏、記憶が遠退いたのは言うまでもない・・・。以上で本編が終了した。

"Rise"でアンコールに応えたプライマルスクリーム。お次は私が1、2を争うほど好きな"Accelerator"、"Skull X"が演奏される。前者に至ってはCDや近年のライブを全く無視したテンポの早さ(笑)、とは言え最高の瞬間を味わえたのは事実だ。彼らは3曲を演奏した後退場したのだが、一向に会場が照明が点灯しない・・・もしや!?と思っていたらやはり再登場!またまたよく知っているイントロが聴こえる、"City"だ!このままロック中毒で死んでも良い。。。

<あとがき>
という訳で、久しぶりに楽しい時を過ごしました。終演後に最前列の客とハイタッチをしていたボビー、なんだかよく喋るマニ、微笑ましかったです。開演前にはよくお世話になっているいもすけ山さん、開演後にはこれまたよくお世話になっているtomoraさんとご友人方々、PGさんとお会いしました。(ありがとうございました!)プライマルスクリームの力で沢山の人が集まって、そういったところにも感動を覚えてしまう私であります。では、参加された全国のチームスクリームの皆様、お疲れ様でした!
[PR]

by 35624 | 2006-09-23 17:58 | 音楽  

<< 今月の2枚 ラプチャーと御茶ノ水は関係あり... >>