ベースメント・ジャックスで始まる2007年

b0056306_2395851.gif
b0056306_23102240.jpg

Basement Jaxxの来日公演、行って参りました!疲れているのでレポは後日に・・・、と思っていたのですが、記憶が鮮明な間に書き留めておきます。では、スタート↓

<1月11日 午後6時30分>
東京テレポート駅に到着する。開演時間は7時30分・・・、史上最速の現地入り(笑)連れ数人と足早に会場へ。本日は仕事を(奇跡的に)午後休む事が出来たので、余裕を持って行動できたのだ。しかしながら、ロッカールームは私達よりもさらに早く来た人達で溢れており、そこで予想以上に手間取った為、結局開演10分前にzepp tokyoへ入る。ステージに向かって右側、最前列付近に陣取りしばし黙祷。"神様、今日という日を与えてくれて感謝します"

<同日 午後7時45分>
少し遅れたが無事にスタート。Basement Jaxxの核となるフィリックスとサイモンの登場、ドラマー2人、ホーン隊が3人、遅れて黒人ヴォーカル4人(女性3:男性1)もステージに現れる。と、こういった大所帯のユニットであり、ダンスミュージックだからといって録音に頼らない、あくまでも生の演奏&ヴォーカルを大切にするのが彼らの基本姿勢。ショータイムの始まりは"Jump N Shout"から、怒号にも似た歓声と共に一斉に飛跳ねるオーディエンス&私!初頭1曲で完全に心を持っていかれたが、次曲も最新アルバムから"Hey U"と私達を畳み掛ける。本日のライブは全曲がヴォーカルトラックだったのだが、曲毎に衣装変え(笑)、それとダンスも本当に上手い。耳で楽しませる&目で楽しませる&笑える場面もいくつかあった(ゴリラの被り物をしたり)。本当に近年稀に見るエンターテイナーぶりを発揮していたように思う。

中盤、早くも"Hush Boy"のイントロが!この曲に関しては、先日も当ブログで書いた通りとても楽しみにしていたのだ!当然、観客の盛り上がりも最高潮に。曲の途中から明らかにメンバーではない連中がステージに登場、何故か日本のギャル男君6人・・・、曲に合わせてパラパラを踊りだす・・・、何で??これも余興の一つなのだろうか?でも面白かった!大好きな1stアルバムからは名曲"Red Alert"を、生で聴きたかった"Romeo"等、個々の曲について書くのはキリが無いが、とにかく最高のステージングを観れて幸せだった。また観たいなぁ~

<あとがきのようなもの>
いつもライブレポの最後に"今日の戦利品"を書くのですが(過去の例 : フランツの下敷きetc)、今回は珍しい戦利品を得ましたので報告。なんとドラマーが投げたスティック(↓画像参照)をキャッチ!奇跡!神様、本当に有難う(涙)
b0056306_0175616.jpg
というわけで、長くなりましたがレポ終了。
[PR]

by 35624 | 2007-01-14 00:22 | 音楽  

<< 松嶋(オセロ)のキラーズも良いが・・ 年末気分が抜けず・・・ >>