小さな恐竜

b0056306_2231158.jpgフジロックにThe Cure、サマーソニックにDinosaur jr、日本を代表する両フェスに、現在あるオルタナティブシーンの原石とも言えるバンドが出演決定。そんな生ける伝説達を観れるチャンスが到来し、日々浮き足立っている私です。そんな訳で、先日はHMVのポイントカードを使い、Dinosaur jrの新作「beyond」を手中にしました。

Nirvanaが世に出る以前、およそ80年代中期から活動していた彼ら、ノイジーなギターサウンドに溶け込んだポップな質感はインディー期に完成されており、88年には早くも傑作「Bug」(昨年再発)を発表。このアルバムで聴ける"Freak scene"は今でも大好きな曲です。何年も前の作品ですが、"ロックの古典"というイメージは全く無いのが不思議、それともオルタナティブロックがそれほど進化していないのかな?なんて感じさせてくれます。メジャーデビュー後も数々の名作(「Green Mind」等、よく知られている音源)を発表し、1997年に解散という末路を辿りますが、2005年に再結成したのでございます。

さてさて新作「beyond」ですが、"轟音ロック、でもポップ"節がいまだに健在!曲単体の話以前に、プレイがあまり変わっていないのが嬉しいところ。インディー期で見せた破壊力抜群のギターに比べて若干衰えたかも知れませんが、やはり痺れます(笑)M1."Almost ready"を聴いて"ヒーローの帰還"を感じたのは事実。これからさらに聴き込みます!
[PR]

by 35624 | 2007-04-25 23:30 | 音楽  

<< London calling 涙そうそう >>