「ほっ」と。キャンペーン

ROCK FUJIYAMA 後半戦

<17:30 Kaiser Chiefs>
今年は天候にも恵まれ(昼に1回雨が降りましたが・・)、地面の状態も良かったので、芝生に寝転べた。そんなわけで、グリーン後方で寝ながらKaiserを観る事に。夕方の涼しい風を浴びつつ、お酒を片手にアクの強いポップソングを聴く、なんて贅沢!ヴォーカルのリッキー・ウィルソンは、押せ押せモード全開、それに合わせバンド全体の勢いも小気味良い。1stアルバムのダンスライクな曲と2ndアルバムの聴かせる曲が均等に配されたセット、待ってましたとばかりに"I Predict A Riot"で飛跳ねるオーディエンスを遠方で眺めながら小さな声で口ずさむ、ナナナナナ~♪な一時だった。

<18:30 G.Love & Special Sauce>
早めの晩御飯という事でタコライス(フジロック常連の連れにはピザをオススメされましたが・・)をチョイス!何故だかタコライスかタイラーメンを選んでしまう私、今年も例外では無かったようだ。
遅ればせながらG.Loveを観るために遅れてマーキーに到着するも驚きの光景が。すんごい人気で会場は超満員、それでも前の方に突き進み鑑賞。近年の作品を聴いていなかったからか、私が知っている初期のブルージーな赴きは薄く、ファンキーで乗りの良い曲を演奏していた。バンド自身が音楽を楽しんでいる、そんなようにも思えたステージング。途中で退場し、再びグリーンへ。

<19:20 Iggy&The Stooges>
グリーンの芝生で寝転びながら、ゴッドIggy様を聴く。今更ながら芝生は本当に気持ち良い、前回参加時は生憎の雨だったので、実は芝生堪能は今年が初めて。てなわけで、本気で爆睡しそうになったところに、大好きな曲"T.V. Eye"が!依然として衰えないパワー、伊達にイギーは上半身裸ではない(笑)演奏途中、お客をステージに上げるパフォーマンス(ではないか・・)があった。何年か前に彼のライブを観た時も同じ事していたが、フジではご法度のようで主催者側から「ただちに降りなさい」というアナウンス。そんなサービスをしつつ、"No Fun"なんて歌う彼は本物のパンクロッカーだと思う。

<20:30 Ash>
イギーを早めに切り上げ、Ash開店待ち。実は今年最も観たかったアクトの一つ、演奏が始まった瞬間最前目指して特攻!ステージの幕開けとなった曲は、最新アルバムから"I Started A Fire"、ホワイトステージのトリ前を飾るバンドだけあって、盛り上がりが尋常ではない。追い討ちをかけるように、2曲目で"Burn Baby Burn"をドロップ!押されに押され、せっかくキープした特等席を奪われてしまった(汗)ベストセレクション的な内容で進むセットリスト、3ピースとは思えない程、迫力がある演奏、ラストの"Twilight Of The Innocents"ではこの日初めての涙・・・。本当に良いライブだった。

<グダグダタイム@ボードウォーク>
ビースティを観に行くつもりが、どうしてもやりたい事があった
夜のボードウォークを歩いた事がありません
オレンジコートに行った事がありません
気付いたら、グリーンステージにいくはずの足はボードウォークの方向に向いていた
時間帯もあって、人がすごく少ない
ミラーボールが綺麗だったな
ライトアップされた木々がとても幻想的に見えたけど、
人が作業した温もりがある
オレンジコートに到着、思いのほか人が沢山いる
ステージで演奏してるのはVincent Gallo!
全然、注目していなかったけれど(俳優の彼は)私のヒーローだ
こんな奥地でノイズ、ダブを延々と演奏し続けるなんてなんだか可笑しかった

b0056306_0443251.jpgb0056306_0453472.jpg








そんなこんなでフジ参加2年目にして、初めてここまで来れた
グリーンに戻ったらBeastie Boys後の大行列が!せっかく予習していったのに損した気分
気持ちをあらため、深夜のレッドマーキーに向けて走り出した

<あとがき>
今年も一日参加でしたが、前回よりも満喫できた気がします。適度に休む事を覚えましたし(笑)素晴らしい音楽と素晴らしい出会い、この場所にいるだけで楽しいと思ってしまいますね。来年も行けたら良いです。参加された皆様、お疲れ様でした!
[PR]

by 35624 | 2007-08-03 00:47 | 音楽  

<< 氷メロンに練乳は合うのか? ROCK FUJIYAMA 前半戦 >>