<   2004年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

エレクトラグライド初参戦レポ!

行って来ました、エレクトラグライド!二つのステージ(ライブステージ・DJステージ)を含む広大な空間に溢れんばかりの人!音、光、映像が絶妙に溶け込んだ最高の夜に、心躍らせたのは私だけではないハズです!
9:00開演にもかかわらず、自分が到着した時間は9:30、そしてあろう事かグッズに並ぶという失態を演じ、オープニングアクトのHEXSTATICを見逃しました...。ですので、お次のLCD soundsystemからスタートしました。

■ 22:30~23:30 □ LCD soundsystem □ 
HEXSTATICが終わった直後、その背後のライブステージからリズミカルな高速ドラミングが聴こえてきました。人間技とは思えぬテクニックもさることながら、ポストパンクリバイバルの名に恥じぬ、良い意味でポップとはかけ離れた音を鳴らすバンドであるという事が見て取れ、序盤戦ながら客のノリも良好、ウォーミングアップにはこの上ないアクトだったと思います。ビールを片手に飛び跳ねました。

■ 23:30~01:00 □ 2MANY DJS
個人的にも楽しみにしていたDJですが、期待通りのプレイで客を沸かせてくれた2MANY DJSの登場。盛り上げ方を熟知した非常に上手い選曲に翻弄されつつ、さらに密度が高くなったフロアで踊り狂いました。THE RAPUTUREの"HOUSE OF JEALOUS LOVER"なんていう飛び道具もアリアリな展開に驚き、自分の喉の渇きも頂点に。

■ 01:00~02:30 □ PRODIGY
ライブステージの前に人が集まりだし、段々と身動きすら取れない状況に陥りました。さすがにPRODIGYは違うなぁと思いつつ、勘弁してくれという別の感情が生まれており、押し押されてというエレグラらしからぬライブを肌で感じました。セットリストの方は、最近リリースされたアルバムや過去の作品から新旧取り混ぜたモノになり、歓声も一際大きかったです。

■ 02:30~04:15 □ Darren Emerson
PRODIGYが終わった直後、聴き慣れた音が耳に入ってきました!UNDERWORLDの"BORN SLIPPY"!!もはやお約束とも言えるこのトラックですが、絶対セットに組み込まれると分かっていても感動してしまいました...。盟友Tim Deluxeの"IT JUST WON'T DO"、DERRICK MAYの"STRINGS OF LIFE"等、まさに盛り上がり必須とも言える名曲を惜しげもなく配し、今夜最も熱狂したフロアを簡単に演出したDarren Emersonに拍手です。

■ 04:15~05:15 □ !!!
さて、大分注目していた!!!でしたが、疲労がピークに達したため、フードコーナーへ。耳は傾けていたのですが、私の興味は!!!よりもカレーライスへと移りました(笑)。夜食に舌鼓を打ちつつ、重くなった目蓋をどのようにこじ開けるか?という問題に直面し、"最後のTim Deluxeへ向けて充電"と銘打った休憩に入りました。

■ 05:15~07:00 □ Tim Deluxe
ついに!と言うかやっと最後のTim Deluxe!"終わり良ければ全て良し"の格言を胸に、もう一度最高の瞬間を味わうためにフロアへ。ハウスらしいメロ重視のトラックを期待していたのですが、全体的にビートが先立っているのでとことんフロア向けという印象を受けました。最後の最後には、Darren Emersonも一緒に出てきて可笑しな雰囲気に、予想通りもう一回"BORN SLIPPY"。挙句の果てには、NIRVANAの"Smells Like Teen Spirit"...、何でもアリですなー。オイシイ所はDarrenが全て持っていきました(笑)

総括、初めて参戦したエレグラですが、一つのアクトが長過ぎじゃないですか?特にDarren Emerson!アナタは長過ぎです!今回のベストアクトは無し(?)ですが、どれも良かったですし、最高の夜を過ごせました。あと一つは、ゴミが多過ぎな事...。

※この文章は本サイトHIGH FIDELITY RECORDの文章と同じものです
[PR]

by 35624 | 2004-11-28 19:59 | 音楽  

ギネスビールを飲もう!

b0056306_23405883.jpg
アイルランドでは、日常的に親しまれているビールであるギネスをご存知だろうか。飲んだ事はないけれども、見た事はあるという人も多いはずですが、簡単に説明します。
アイルランドで生まれたギネスビール(俗に言う黒ビールです)は長年その味を守り続け、深いコク、濃厚な味わい、クリーミーな泡で私達を楽しませてくれます。日本ではビン詰めのスタウト、缶のドラフト、エクストラスタウトが一般です。
と、ここまでは常識的知識ですが、上の写真にも載っているドラフトギネスはコーヒーの味がします。まず発砲成分が薄いので、通常のビールより喉ごしや舌にピリピリくる印象が薄いです。さらに、鼻から抜ける焦げたような香りはコーヒーに似ています。個人的な意見ですが...。

普通の店ではあまり見かけませんが、少し高級なレストランやBARなんかでは置いているのかな?また、酒屋さんやデパートでは簡単に手に入るので、お家で冷やして飲みましょう!一度ご賞味あれ!
[PR]

by 35624 | 2004-11-26 00:07 | フード  

エレグラへのカウントダウン!?

ついにあと二日と迫ったエレクトラグライドですが、一ヶ月近くも前からチケットを購入し、まだか?まだか?と待ちわびていました。今回の目玉となるPRODIGYは勿論、その他のアクトも非常に気になるトコロですね~。とりわけ私が注目するのは2MANY DJS、TIM DELUXといった面々ですが、何ゆえオールナイト公演なものですから体力的に持つかどうか?という事にも気を使わなくては。

最近、全てのタイムテーブルが出揃い、時間帯を確認しました。うーむ、これは朝まで眠れそうにないですな...。フェスとは各自が思い思いの時間を過ごす場所、最初から決められているルールなんてないはずです。ビールを飲んで、そのまま寝てしまっても、それはその人のフェスティバルです。当日は、多くの来場者があると思いますが、悔いの残らない過ごし方をしたいもんですねぇ。
[PR]

by 35624 | 2004-11-24 19:41 | 音楽  

PORTIS HEADを聴いた夕方

b0056306_21134999.jpg
いままで全く良さが分からず、CD棚の奥にしまってあったPORTIS HEADの「DUMMY」というアルバム。購入したのは大分前ですが、その頃の私はこういうダウナーな音楽に馴れていなかった為、体が受け付けなかったようです。しかし、長い年月を経た今聴くと、実はスゴイ作品であったなぁと思います。

多くの方に少なからず同じような経験があるのではないか?と思います。ある作品を初めて聴いた時の印象としばらく経ってから聴く印象のズレです。最初の印象だけで、自分の頭の中で"コレは良くない音楽だ"と決めつけてしまうケースは度々起こり、友人の車の中で一度だけ聴いた音楽が気に食わない場合、それ以降一生聴かない事も有り得ます。
打開策として、私はCDを視聴しないで買う事が多いです。無駄にお金を使っているかも知れませんが、本当に良いモノを見抜きたいからです。一度の視聴で判断なんてできませんし、もし視聴して良くないと感じたら、一生それを知らないで死ぬかもしれないです。

と、言っても現実は金銭的な問題もあり、視聴に頼らざるを得ない状況に陥ります。ですので、すばやく良質な音を見抜くようにしなくては。
[PR]

by 35624 | 2004-11-22 21:31 | 音楽  

あの世へ逝ったオーディオ...

オーディオを重要視している人はあまり見かけません。それこそ、2~3万出せば買えるオールインワン・タイプのコンポ(MD、CD、テープ等の一体型)があれば事足りるんでしょうが、音質や広がりを気にする方はスピーカー、アンプ等にこだわったほうが良いと言えます。私はマニアというわけではありませんが、将来はオーディオに数百万使ってみたいなと思っています。

今日、私の愛するオーディオが見事にオシャカになりました。つい一ヶ月前から調子が悪く、CDをいれても"NO DISK"と表示されてしまうという真にウザイ故障です。買ってから5年程経ちますが、可愛い値段の品ではない事もあり落胆するばかり...。昨日はあまりの腹立たしかったので、アンプに飛び膝蹴りを食らわせたのです。そうしたら、ボンッ!という良くない音が聞こえ、全く音が出ない状態に陥りました。

これで当分CDは買わないなー...。
[PR]

by 35624 | 2004-11-20 23:28 | 雑記  

チョコレート至上主義。

私、大のチョコレート好きとして名を馳せています。どのくらい好きかと言うと、板チョコを飯の代わりに食べれる程です。しかし、よくある高級チョコレートの類は口に合わず、コンビ二や駄菓子屋さんで買えるようなチョコ(敢えてジャンクチョコと呼ぼう)を好みます。特に好きな銘柄を挙げておくと、「ガーナ・ミルク・チョコレート」ですね~。他にもキットカットやクランキーに代表される"余計な物が入ってる系"もイケマスし、きのこの山やポッキーなど"チョコレートが主役だけどスナックも主役"系も大好きです。唯一、買う気が起きない種類と言えばアーモンドやピーナッツなどいわゆる"ナッツ系"ですかね...。

最近は専ら、ハーシーのクッキークリームにハマっています。本当に美味しいです!たまーに見掛けますが、ホワイトチョコがダメな人にはオススメできませんが、チョコ好きな方は是非!

なんかよく分からない記事になってしまいましたが、まぁいいか・・・
[PR]

by 35624 | 2004-11-20 01:47 | フード  

RADIO HEADシングル制覇!?

b0056306_0525320.jpg
かねてより大のRADIO HEADファンを自認してきた私ですが、シングルも大分集めましたよ。今日はその自慢話・・・、いやコレクター心理に触れたいと思います。

先日、CDを整理していたら「これだけは一生の宝物だ!」と奥の方にしまってあったレディへシングル達。かなりの量を目の前にして、ふと思いました「アホだったな...」と。思えばコレのタメに飯を我慢した事もあった、他に有意義なお金の使い方があった、何よりただ保存しているだけという事に虚しさを覚えてしまいました。実用性がないし、かと言って今更売る気にもなれません。然らば、何故こうなってしまったか検証していこう!

その1
RADIO HEADを愛してるが故。勿論、片想いの愛ですが、ファンの方々はどんな些細なグッズでも、持っているだけで繋がっていると錯覚しがち。

その2
完全にA型人間。一つ持っていると全部集めないと落ち着かない。CDラックに、順番に(年代順に)並べたい!一つでも穴があるのは許されない。

その3
自己満足を超越してイっちゃってる。全く同じ物を際限無く購入する。


う~む、コレクションも程々が一番ですな。
※そんな私も「Drill EP」は見た事すらありません!
※あと、各国盤を全部揃えようと決意しましたが挫折しました。
※今はブートレグ集めに夢中。
[PR]

by 35624 | 2004-11-18 01:26 | 音楽  

BUMP OF CHICKENがマイブーム!

b0056306_15224896.jpg
なんだかんだで買ってしまった....。
BUMP OF CHICKENの「ユグドラジル」。邦楽を新譜で買うのは本当に久々ですよ!実に一年ぶり、前回は中島美嘉の「TRUE」ですからもっとか?洋楽信望者の私が、何故買ったかというと、単純に心に響いたから。視聴で何回も聴いていたはずが、家で思い切り聴きたい!という欲望に負け購入に至りました。

まず、二曲目"オンリー・ロンリー・グローリー"が反則!メロディー良すぎます。日本人のツボを絶妙に刺激するこの曲を、最初に持ってきて正解。そこから段々と哀愁漂う展開に、そして五曲目"embrace"の泣きメロに心を揺らせ、次曲"sailing day"で盛り上がりを再び見せ、このテンションが途切れない事を祈る!まさに愚かなドリーマー。その後も夢物語のようなアコギ調の曲が並ぶ。

褒めちぎりましたが、なかなかイージーリスニングな作風ですな。もっとコアな音楽やっているのかと思いました。あ、申し遅れましたが、コレが初バンプです。

たまにはアリですけど、やはりJ POPの枠からは出られないですね。良い意味で、もっと聴き難い曲も混ぜたほうがいいのかも。でも、洋楽みたいに外国語じゃないから、歌詞がダイレクトに入ってきたトコロはGOOD!買って良かったかな??
[PR]

by 35624 | 2004-11-17 15:46 | 音楽  

洋楽ファンの生き様

日本には多くの音楽ファンが存在します。ご承知のように、世界の一流アーティストが全世界で500万枚ほど売ったというだけで大ヒットとして扱われるのに対して、わが国では日本人のみでその枚数を上回る事があります。宇多田ヒカルの「FIRST LOVE」が何枚売れたかご存知ですか?約800万枚売れたと聞いています。日本の全人口の1/10に届きそうな勢いですね。併せて世界で一番売れたアルバムは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」で、約3000万枚売れています。これを見て分かるように、宇多田のアルバムはマイケルのアルバムの1/3だという事で、しかも日本だけでこの売り上げは凄まじいの一言でしょう。日本がアメリカに次ぐ第二の市場と言われるわけです。
しかし、洋楽に関してはどうでしょう。これだけCDが売れる国でも、洋楽となると話は別で、100万枚以上売れる事なんて稀です。私も大の洋楽ファンですが、周りに洋楽ファンが少ないのが悲しいですね。しからば、この場を借りて洋楽ファンと邦楽ファンの違いを検証しようと思います。

その1 知識の違い
洋楽ファンの「俺、詳しい」と邦楽ファンの「俺、詳しい」には、天と地ほどの差がある事を言っておきます。まぁ単純に音楽の幅広さ、歴史の違いですね。日本と世界では存在するミュージシャンの数が圧倒的に違い、当然知っているミュージシャンも洋楽ファンの方が多いでしょう。また、洋楽ファンは邦楽もそれなりに知っているという事です。日本に住んでいるなら当たり前ですが、テレビ、ラジオ、雑誌という媒体を通して嫌でも耳に入ってきます。邦楽ファンは、邦楽だけしか知らないのに対し、洋楽ファンは洋楽も邦楽も知っている事が多いです。

その2 オリジナリティーの違い
「日本人は色々な要素を取り込むのが上手い」。
よく洋楽ミュージシャンが来日し、日本でインタビューを受けますね、そして「日本の良いトコロは?」という質問に対してよくこのような返答が返ってきます。一見褒め言葉に感じますが、言ってみれば新しいモノを生み出す事ができないんです。日本から世界に羽ばたいたジャンルはありますか?ロックやヒップホップ、ジャズ等、それらはすべて日本以外の場所で生まれたモノです。俗に言うJ POPと呼ばれるモノは、日本以外で生まれた要素をごちゃ混ぜにし、ロックだかヒップホップだか何だか微妙な音楽だと思っています。

その3 熱き想いの違い
パンクを例に取ると分かり易いんですが、いつからTシャツやスニーカーに身を包んだ格好をパンクと呼ぶようになったのか疑問です。SEX PISTOLSは?RAMONESは?MC5は?それぞれが熱い魂を持ったバンドでした。洋楽パンクバンド全てが熱き志を持っているとは言いませんが、カジュアルな格好で形だけパンクと言っているバンドはどうかと思います。日本人のバンドで、こいつらロックだなと思えるバンドって明らかに少ないです。

不満をタラタラ書いてきましたが、私は邦楽嫌いってわけではないです。日本人でも好きなミュージシャンたくさんいます。でも、洋楽好きがあまりにも少ないんで。
[PR]

by 35624 | 2004-11-15 21:04 | 長文コラム  

お洒落なカフェ!?

カフェという言葉自体、ココ数年で急速に発展した単語であると思います。カフェブームに乗っ取り、毎年膨大な数のお店が出店しているわけですが、ゆったりとした音楽に包まれながら、こだわりのインテリアを眺め、可愛らしく飾った(通称)カフェ飯を平らげる、これこそ居心地の良いカフェだと考えるますよね?しかし、自分にとって居心地の良いカフェとなると、その数は極端に少なくなるのではないかと思います。

その理由の一つに、カフェに常連客が付いており、初めて来店する客にとって脅威であるという事が挙げられます。これは小規模な個人経営のカフェにありがちな現象ですが、常連客の存在を無視しようと試みても、一つのテーブル同士が非常に近いために自然と居心地が悪くなるという事です。

その2、これは男の方には当てはまる場合が多いですが、値段の割に食べ物の量が少ない。色彩豊かな盛り合わせが楽しめるカフェ飯ですが、高い割に量が少ないと思う人いるはずです。自分もガッツリ食べたいので、昼食にカフェを誘われると萎えます(笑)
これに関して打開策を講じると、とにかくゆっくり食べた方が良いですね。ランチの中心に、食べ物ではなくて、会話を持ってくるのです。女性と一緒なら、その女性の食べるペースより遅くするとベストかな。

アホな事語ってますが、私自身カフェ好きとは縁遠いです。カフェの雰囲気は大好きですが、そこまで行きたいと思う事が無いですかね。唯一、ココは!と思ったお店は、御茶ノ水のいこいっていうトコロで、お洒落だし、人少なくて広いし、飯美味いし最高ですヨ。
[PR]

by 35624 | 2004-11-14 21:47 | フード