<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

エレグラ05レポート のようなもの 

エレグラ05、行って参りました!では早速、レポスタート↓

11月25日、いつも通り出勤したのだが、夜には楽しみにしていたエレグラが待っていると思うと仕事が手につかなかった。タイムテーブルは大体頭に入っている。
 
"21時には会場に着く、グッズを買いつつKen Ishiiをチラッと観て、Autechre~Coldcut~Chris Cunninghamという順番でちょっとずつ摘み食いしていこう。Underworldだけは最初から最後まで頑張ろうかな。"

上記のようなスケジュールになる予定だった。しかし、現実はいつも私に厳しい・・・。

深夜1時、会場入口にいる。まだ荷物すら預けていなく、当然何も観ていない。
友人の一人がチケットを持っていなく、先に当日券を買ってあげたまでは良かったのだが、お人好しの私は友人の到着を待った。11時過ぎには着いていたので、先に色々と観る事はできたのだが、クローク袋を買うのに予想以上に時間がかかった為、どうせならみんなで一緒に乾杯してから踊ろうと考えたわけだ。

■ 1:30~ □ Underworld □
いきなりメインの彼らを観る事になるとは、誰が予想しただろうか?団体行動の難しさが露呈される、やはり平日にこういうイベント事があるとツライ・・・。Chris Cunninghamの素晴らしい映像を拝みながらみんなで乾杯すれば、そんな事はどうでも良くなったが。紆余曲折がありながらも、ココに来れた事に感謝。

さてさて、Underworldが出演する予定のライブステージに急いで向かったが、まだ彼らの前のTigaがプレイしていた。ラッキー!メロディあり、ビートも強くてなかなか踊りやすく、準備運動とばかりに大いに騒いだ。そして、音が途切れる事無くそのままUnderworldのプレイが始まった。徐々にテンポを速めつつ、客を煽る。私が最初に熱狂したのは、お馴染み"Juanita/Kiteless"のセット、一番好きなトラックなだけに鳥肌が立つ。
「ああー、この声、気持ち悪い踊り、最高にカッコイイ!!」
そこからは知らない曲もあり、往年の名曲ありのセットだった。"Rez"では広い会場にいた全ての人が踊ったのではないか?というくらいに盛り上がり、もはやお約束の"Born Slippy"などは、光の演出も手伝いカールが神々しく見え、その直後にプレイされた"Two Months Off"も素晴らしかった。本日の3時間ライブ、最後まで踊り続ける予定だったが、体力が無いワタクシは残り1時間というところでダウン。大好きな"Push Upstairs"も聴かないまま休憩しにいくのは、少々忍びなかったのだが仕方ない。体力に限界はある。

■ 3:30~ □ その後 □
その後は、ダラダラ過ごしてしまった。あれだけ「絶対観たい!踊る!」と騒いでいたVitalicなんかは、ピザを食べながら座り観してしまったし・・・。Towa Teiでは重い腰を上げ会場に着くも、人もまばらでイマイチ楽しめなかったように思う。(←選曲は私好みだったが)そんなわけで、最後のCarl Coxくらいは思い切り楽しもうと思い、最前列付近で踊り、本日全ての公演が終了した。去年もそうだったのだが、やはり途中眠くなる。体力の無さも来年に向けての良い教訓だ。

帰りにガラガラになったグッズ販売所で、今日のUnderworldのライブを収録した限定CDを購入。届くのが楽しみですなー。それでは、エレグラを楽しんだみなさん、お疲れ様でした!
[PR]

by 35624 | 2005-11-27 20:24 | 音楽  

「西荻夫婦」

b0056306_2362065.jpg
新宿三越にあるジュンク堂は、私が最も立ち寄る本屋。それは何故かと言うと、店内に椅子が用意してあり、購入しなくても座って本が読めるからです。(←くだらないと思う方もいると思いますが)
そして先日も、椅子に座って長々と漫画を読んでしまいました。「西荻夫婦」(作 やまだないと)、やまだないとは私が大好きな漫画家で、この作品も前々から読もうと思っていたのです。本屋さんには申し訳ないのですが、最後まで読ませてもらいましたわ。

読破後、なんというか不思議な感覚に陥りました。彼女が実際に住んでいる西荻窪を舞台にし、どこにでもいそうな夫婦の日常生活を描きながらも、しっかりと心に訴える何かがあります。上手く言えないですけど・・・。この人の作品を読むと、時間がスローになる気がします。せっかくなので購入しても良かったのですが、財布の中身が寂しいので我慢しました。

<追記>
明日はエレグラです!仕事後に行くので、スーツで参戦予定。
しっかり楽しんできます!
[PR]

by 35624 | 2005-11-23 23:52 |  

椎名林檎 米版

b0056306_21582324.jpg
Fiona Apple、6年という月日を経てついにリリースされた新作「Extraordinary Machine」、買ってきましたよ。ライナーを読みたかったので国内盤を購入し、CDをセットする前にそれを一読しました。"リスナーフレンドリーなアルバムでもないのに、6年間のブランクの後、忘れられないだけでも偉業"、ライナーより抜粋しましたが、まさにその通りですよね。特にポップス・シンガーで女性ともなると、好セールスを記録しても1~2年で忘れられるケースが多々ある中で、Fiona Appleは本当に破格の存在だなと感じさせられます。

M1."Extraordinary Machine"、まるで童話の世界に迷い込んだかのような不思議なイントロから、相変わらず特徴的なフィオナの歌声が聴こえます。詞も以前の作品程、危機迫るものではないものの、新たな側面を感じさせる内容になっています。何故にコレが米国でウケルのか?不思議です。先行して発表されていたM3."O' Sailor"も、歌詞の意味不明さと幻想的なメロディーが良いですね。

歌詞の難解さと言えば、レディオヘッドもかなり意味不明ですが、彼女の詞も負けていませんよ。

脱線しましたね。。。
私が特に素晴らしいと思ったのは、8曲目に収録されている"Oh Well"。詞から察するに、あまりポジティブな曲ではないのですが、それに相反して壮大な仕上がりになっているので、何と言うか心を掴まれた気分になります。アルバム中で一番聴き易いです。
[PR]

by 35624 | 2005-11-19 22:41 | 音楽  

戸愚呂・弟の言い方だと、"雑記中の雑記" (幽遊白書ファンへ)

今日は会社から家に帰るのが早かったです。という事で、更新してみましたが、なーんも書く事が無いという現実・・・。とりあえず、"今日のランチ"の話にしようか?、いや待て、"電車の中でふと気になった事"が良いか?、イカンイカンそれは行き過ぎだ・・・、→→→てな感じで、考え込んでから軽く1時間突破したわけです。「と、とりあえずお風呂に入りながら考えよ・・・」

 ↓
 ↓
 ↓
ただいまお風呂に入っております。
 ↓
 ↓
 ↓

「長風呂してしまった・・・」
お風呂場に、私が育てている植物があるんですが、購入した時よりも大分茂ってきました。コイツにたっぷり水分補給しながら、湯船に浸かるのが最近の小さな楽しみの一つなんですが、今日はある事を知ってしまいました。

"水を与えすぎないで下さい" - ラベルに書いてあった小さな小さな注意書きより -

ミス!明らかに水を与え過ぎでした・・・。
「あー、何書こうかなー・・・」

お わ り


<追記>
CD屋さんで視聴したハウスコンピが気に入ったので購入しました。
最近はi podでそっち系ばかり聴いています。
[PR]

by 35624 | 2005-11-16 23:25 | 雑記  

UKファンに朗報!

MAGIC ROCK OUT(来年は開催されるのか?)、SONIC MANIA、2006年の初フェスはこのどっちかになるだろうと思っていたのですが、久しぶりにクリマンさんのページを覗いてみたらBRITISH ANTHEMSなるイベントが予定されていると知りました。お約束通り出演者は不明みたいですが、色々検索した結果、以下のバンドは出演濃厚みたいです。

Arctic Monkeys、The Dead 60s、Supergrass、The Ordinary Boys、Test Icicles、HARD-Fi、The Killers

本当なのかどうかは分からないですが、とりあえず英国ロック好きには堪らないラインナップになるのではないでしょうか?私はこの中だったら、Supergrassが観たいですねー。あんなに良いアルバムを作ったのだから、ライブを是非とも体験したいという事で。とにかくっ、発表が待ち遠しい!

最近、美味しい京都料理を食べれる機会があり、改めて味付けの大事さを感じた私でした。。。
[PR]

by 35624 | 2005-11-13 22:44 | 雑記  

さかな、さかな、さかな、

変な居酒屋に行ってきました。その名も"ざうお"、ホームページの方へ飛んでもらえれば一発で分かると思いますが、店の中に大きないけすがあり、その上に浮かんでいる大きな船の上で酒を酌み交わすという趣向が成された店です。しかも、店内では魚を釣りながら食事ができて、釣った魚は格安で料理してもらえるらしい。が、今回は魚釣りの方をパスさせてもらい、普通に食事を注文しました(※ 釣れるまで待つ事が出来なかった程、お腹が空いていた為)
ビールを片手に、座席から糸を垂らす中年のオジサン、何にも釣れてなかったですけど、その光景に何故か和やかムードになる私。釣りが無ければただの居酒屋だというのに、そこそこ楽しめてしまいましたよ。"釣ったものは絶対にいけすに戻せません"という注意書きを読まずに、到底食べきれない量の伊勢海老や鯛を嬉しそうに釣っていたオバチャン、さようなら・・・。

b0056306_23592494.jpg今月末にあるエレクトラグライドに向けて、実はスルーしていたAutechreの現段階での最新作「Untilted」を購入。"こんなにさっぱりしていたかな?"と思うほど、音楽として成り立つ要素が少なく、正直な話、聴くに堪えない部分も多少はあります。実際にフロアでプレイされると、一体どのようなな感じになるのでしょう?興味津々ですな。

"世界ウルルン滞在記"を観て、何故か感動してしまう自分が可笑しかったりする今日この頃です。。。
[PR]

by 35624 | 2005-11-07 00:21 | 雑記  

恐ろしや~

どんなに良い映画でも、続編は全然面白くないという場合が多々ありますよね?

去年、私が最も面白いと思った映画、「SAW」。しかし、久しぶりに出会った傑作に、早くも危機が訪れました!わずか一年にして、続編である「SAW 2」が公開となってしまったのです。当然の事ながら公開初日(10月29日、要するに今日の話ではありません)に観に行きましたけど。。。

「さぁ、ゲームをしよう・・・」
人間に"生の有り難味"を教えようとする殺人犯ジグソウ、そのやり方は極めて残忍であり、彼の言う"ゲーム"に勝てずに無残な死を遂げた者は、後を絶たなかった。そんな殺人鬼ジグソウと深い関わりを持つ事になった刑事マイケル、ある閃きから犯人のアジトを見つけ出すが・・・。


<以下は感想です>
この映画が、"SAW"という冠を付けていなければ、かなり面白い映画だと思いましたが、やはりと言うか何と言うか、前作と比べると見劣りする部分が多いです。内容につきましては、全てがネタバレになりそうなので、伏せておきますが、今作では少し緊張感が薄れたような気がします。
あまりにも痛々しいシーンの連続なので、女性には勿論、気軽にはオススメできない作品です!(←キッパリ!でも凄く面白いですよ)
[PR]

by 35624 | 2005-11-04 00:21