<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

絶対に合格しない試験が、そこにはある。

b0056306_025761.jpg
日曜日に映画検定を受検してきました。会場となったのは、板橋区にある大東文化大学。この場所、自宅から意外に遠く、試験開始時間も午前10時30分からだった為、休日にも関わらずかなり早起きする事に。会場最寄の駅に到着したのが10時、まず驚いた事は、明らかに映画検定が目的だろうと思われる人の群れ。みんな参考書を眺めながら会場に歩いていました・・・。後で知った話ですが、今日の試験は全国で1万人以上が受験したみたいですね。

---- ただいま受験中です ----

<受験後 午後2時頃>
どんよりと曇った空を見上げる私、大学構内のウッドテラスにて、仰向けに寝そべっていました・・・。出来は想像以上に悪く、試験終了と同時に猛烈な脱力感が。問題内容から検証するに、私は邦画に弱い事が分かりました。あとは、年代の古い名作に関する諸問題(監督名や主演俳優の名シーン)などなど。もし、合格していたら嬉しいなぁ~と思います。

<帰宅途中>
いつまでも悩んでもしょうがないので、気を取り直して帰宅途中に中古CD屋巡りをしました。
戦利品を以下に↓

Zero7 「When It Falls」
ジャズの要素を含みつつ、ダウンテンポで展開していく極上のチルアウトミュージック。
ボーカル入りなのでとても聴き易いです。

Space Cowboy 「Across The Sky」
よく"ファットボーイスリム認定"なんて書かれていますが、こちらの方がよりダンサブルに聴けますよ。キワモノ振りはノーマン・クックに一歩劣りますが・・・。

Radio4 「Stealing of a Nation」
ディスコの要素もアリ。ポストパンクの美味しいところを、地で進んでいるバンドです。

Guillemots 「From The Cliffs」
バーミンガム出身のUKバンド、もしかしたらベルセバよりも癒されるかも知れません。

めぼしいところはこのくらいです。試験の事はしばらく忘れて、毎日CDを聴こうと思います。
[PR]

by 35624 | 2006-06-27 01:09 | 雑記  

今日のBGMは、Bob Marley & The Wailers "One Love"です。

先週は何かと忙しく、1週間ご無沙汰(まぁ、ブログを更新するネタも無かったのですが)になってしまいました・・・。さてさて、本日は予定通りに"東京国際ドラマ祭"に行ってきました!開演時間は午後6時からだったのですが、正午には自宅を出て、まずは渋谷で昼食。
実は、今日はちょっとしたお祝い事があり、昼から"なだ万"で懐石料理を頂きました。私は食べ物に関して好き嫌いが多い方で、コース料理ともなると必ず嫌いな食材が出てくるのですが、小鉢に綺麗に盛られていると意外と食べれるものですよね。本日も、小皿料理に私の大嫌いなカリフラワー(今日は5年振りに食べました)が盛られていたのですが、味付けが良くて食べれました・・・。

その後、開演時間まで原宿界隈でショッピング。"CA4LA"では、素敵な帽子を買いました!あ、勿論HMVでもお買い物です。Mystery Jetsのアルバムを今頃ゲット、Keaneの2ndアルバム、Rei Harakamiの新作「わすれもの」、やはりどんな時でも一番お金を使うところです、HMVは・・・。

さて、長過ぎる前置きでしたが、"東京国際ドラマ祭"のお話。開演時間の30分前には会場に到着したのですが、あまりにもお客さんが少なくて最前列の席も余裕で確保できる状況(↓下画像参照)に少し拍子抜け。さすがに開演時間には7割の席が埋まるも、周りを見回す限り女性ばかり(まぁ納得できますが・・・)、そして6時になるや司会進行の女性が出てきました。
b0056306_0365040.jpg
「今夜のスペシャルゲストの登場です!元フジテレビアナウンサー、木佐彩子さんで~す!」
という事で、"スペシャル"は言い過ぎなゲストのトークショウ(推定トーク時間10分)を最初に拝み、本編の新作海外ドラマの鑑賞会が始まります。本日上映される作品は、「Bones」という犯罪モノと、「The OC」という青春系(ビバリーヒルズ青春白書に近いです)のドラマ。さて、ここで正直に話さなければならない事があるのですが、途中で少し寝てしまいました・・・。しかし、話の流れは掴んでいます、特に「The OC」は続きが気になるので放映されたら毎週観てみたいと思います。
と言うことで、この"東京国際ドラマ祭"、決して次回の開催に自らすすんで「行きたいっ!」とは思えなかったのですが、なかなか楽しめましたよ。

<追記>
明日、映画検定の受験日です!頑張ってきます!
[PR]

by 35624 | 2006-06-25 01:12 | 雑記  

久しぶりの更新になってしまいました・・・。

先日、"東京国際映画際"ならぬ"東京国際ドラマ際"という得体の知れないイベントの招待券を頂きました。"話題の海外ドラマをイチ早く観る事"を主とした祭典(?)らしいのですが、来週の土曜日にこの怪しげな祭典に行く予定です。

b0056306_2054861.jpg本日は休日出勤です。休日に会社へ行き、誰もいない静かなオフィスで黙々とデスクワークに励む・・・、そんな事が出来るわけも無い私。せっかくの自由な空間を楽しむべく、まずは今号のBRUTUSで特集されていた"日本一のアイスクリーム、夏スイーツはどれだ!?"の導きに従い、コンビニへ出陣しました!DEAN&DELUCAHaagen-Dazs、買ってきた品々はどれも美味!この蒸暑い季節ですので、かなり美味しく頂けました。仕事そっちのけで数個のアイスクリームを平らげ、無事に帰宅!(仕事は?)
しかし、お腹の方が無事ではありません・・・、今もトイレへ駆け込んでいます。


<追記>
最後に汚い話をしてスミマセン。今号のBRUTUSをパラパラとめくっていたら、"きょうの猫村さん、京の甘味屋さんを行く。"というページがあり、ニヤリとしながら眺めていました。オススメです!
[PR]

by 35624 | 2006-06-17 21:44 | 雑記  

雨の日曜日

久しぶりに本サイトの更新作業(もう最近は影が薄くなっていますが・・・)をしていました。TOPページには、来月発売する新作なぞを掲載したりしていまして、当然のように毎月頭を抱えながら選盤しておりますが、今月は割と難なく選べました。トム・ヨークのソロアルバムは当然ながら、6月末~7月は購入したいものが多いのです。まぁ後は財布との密な相談に依りますね・・・。

本日は御中元品を選ぶため、デパートに行きました。私などは、御中元を贈るような相手も少ないのですが、店内には品物を一杯抱えているオバサンが沢山いました。やはり食べ物を、かつなるべく喜ばれる物を選びたいので、色々と試食&試飲をしたのですが、優柔不断な私はなかなか決断できず、最後はベタにお菓子の詰め合わせに。

当初の目的を果たし、帰路につこうとしますが不思議な魔力により、寄り道させられました。・・・そこはHMVです。滞在時間30分、視聴をしながら店内をグルグルしていましたが、Sonic Youthの新作だけ(レミオロメンのアルバムも買いそうになりました)を購入し帰宅。
[PR]

by 35624 | 2006-06-12 01:41 | 雑記  

天に召されたモノ

b0056306_0345020.jpg
非常に私事なのですが、i podが天国へ行きました・・・。3日前、突然画面が消えたと思ったら、ボタンを押しても何も反応しなくなり、ついには充電すら出来ない状態になりました。全く起動しないi podを横目に、アップル社のi podサポートページを熟読するも、一向に解決策が見つからないまま今日になり、お世話になったpod君(私が勝手に付けた名前)の葬式を敢行しておりました。
が、しかし、「修理に出すなら、新しいのを買った方が良いんじゃない?」という友人の助言をよそに、後日こっそりとapple storeにでも行くつもりでございます。

以上、緊急報告でした。
[PR]

by 35624 | 2006-06-08 01:01 | 雑記  

突然立ち止まる休日

b0056306_15275052.jpg
昨日は渋谷駅周辺をウロウロしながら過ごしました。行くところも定まらないまま、道玄坂を歩いていたら、坂の途中にある駐車場で中ノ森バンドがライブをしていましたので、急遽歩行を止めてしばし観賞です。何でも、新作発売日に合わせたゲリライベントらしく、狭い歩道には沢山の人達が立ち止まっていましたよ。それまで全く興味は無くても、実際に生で観るだけでとても良く聴こえてしまうのが不思議、ヴォーカルの子も歌が上手いし、しばらくの間ボケ~っと眺めていました。
その後、ブック・ファーストで雑誌など立ち読みしよう思い、いざ向かいます。で、店内のイベントコーナー(↑上画像参照)でピタリと足が止まりまして・・・、積上げられたBRUTUSをパラパラとめくり、5秒後にレジでお金を払いました。(←最初の方に、滝川クリステルが好きな本を紹介しているページがあったのでね、つい・・・。)

あ、そういえばやっとこさフジロックのチケットを購入しました!残念ながら29日だけですがね・・・。チケット、岩盤以外のプレイガイドでは、売り切れているところもある(29日は特に)みたいなので危なかった・・・。フジ、行かれる方は共に楽しみましょう!

本日はこれと言って他に特筆する事がありません。
[PR]

by 35624 | 2006-06-04 16:21 | 雑記  

チーム"すくり~む"

b0056306_23533100.jpg
「Riot City Blues」のリリースに伴い、現在我が家ではPrimal Scream祭りが開催されています。前作「Evil Heat」から新作が発売されるまでの4年間、ライブ盤やベスト盤など、繋ぎ役としては十分な内容のディスクがリリースされつつも、「早くオリジナルアルバムが聴きたい!」という気持ちと彼らの作品に対する尋常ではない期待感のおかげで、発売日の直前は大分興奮していました。ちなみに、余計な話かも知れませんが、前述の"Primal Scream祭り"とは、新作も含めたオリジナルアルバム全てを毎晩聴き倒す事です・・・。

先行シングルとして発表されていたM1."Country Girl"から始まる本作、そこから流れてくる音からは名曲"Rocks"すら超える高揚感を味わえました。5th「Vanishing Point」から始まったエレクトロ方面へのアプローチから一転し、カントリーやウエスタンを踏まえたロックンロールへ、バックで幾重にも重なるアレンジも非常に面白いです。続くM2."Nitty Gritty"、彼らの往年のキラーチューン"Medication"(似てますよね?)を彷彿とさせる出来に、最初からとても印象に残りました。また、本作はアメリカ土着の音楽をフィーチャーしていますが、それをベースにプライマルらしい味付けを施したM6."The 99th Floor"やM9."Hell's Comin' Down"なども聴くべきところではないでしょうか?特に後者は私も気に入っています。実質上、ラストを飾るM10."Sometimes I Feel So Lonely"も文句無しに素晴らしいですね!

<レビュー後記>
全く関係無いですが、これ(↑)を書き終えたのが午前2時で、今すごく眠いです。ですが、Primal Screamへの愛が私の目を開かせました。おやすみなさい。。。
[PR]

by 35624 | 2006-06-02 01:56 | 音楽