「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

今、(フジロックへ)会いにいきます。

b0056306_104851.jpgついに、フジロックへ旅立ちます!とりあえず明日は普通に出勤し、夜中に車で出発です。1日だけの参加なので荷物はあまり無いのですが、まだ何にも用意していません。
本日は比較的仕事を早めに切り上げ、Kula Shakerの「Revenge Of The King」を買って帰りました。ではフジに行かれる方、お気をつけください。共に楽しみましょう!




<私の行動予定>
12:50~ eastern youth

14:10~ MYSTERY JETS

16:30~ KEN YOKOYAMA

18:40~ JUNIOR SENIOR

20:30~ KULA SHAKER

21:30~ RED HOT CHILI PEPPERS

0:00~ RADIOSOULWAX PRESENTS NITEVERSIONS LIVE

おそらくここらへんで体力が切れるハズ
あとは余力があったら・・・。
[PR]

by 35624 | 2006-07-28 01:09 | 雑記  

HMVでハンターになる私

b0056306_20581338.jpg最近、ロック系統のディスクばかり取り上げていたので、たまには違うジャンルを。Zero7の3rdアルバム「the garden」、国内盤の発売を待てなかったので本日HMVにて購入しました。打ち込みを主体としながらも、ジャズ、オールドソウルの要素を取り入れ、非常に温かみを感じるトラックメイクを披露する二人組ユニット、"究極のチルアウトミュージック"なんていう形容をされる事も多いです。クラブミュージックに括られがちな彼らですが、ヴォーカルトラックがその全てを占めており、どちらかというとギターポップに近い気がします。「Boards of Canadaが好き、Belle&Sebastianも好き」なんていう方にオススメ。


b0056306_21235176.jpg今日はサクサク行きます。お次も本日の収穫品、a hundred birdsのシングル「Free feat TeN」。私は滅多にシングルCDを買わないのですが、勢いで購入しました。民族音楽をフィーチャーした、30人編成のオーケストラが奏でるアーシーな音楽、ハウスミュージックの括りを完全に飛び出した感があります。何よりも、TeNのヴォーカルは相変わらず素晴らしいです!最近では、フジロックを初めとした音楽フェスへの出演も多くなり、そろそろ全国的な認知を得ても良いのではないか?と思います。日本のクラブミュージックを確実に底上げしてくれるでしょう。

<あとがき&雑記>
"クラブ系ディスク2本立て"でした。他には"ついに国内盤出る!"の文字に誘惑されて、Broken Social Sceneの1stなどを購入。実は本日の目的が"フジロックの準備と買出し"だったのですが、懐中電灯(コンパクトなもの)を探しただけで終了し、千疋屋フルーツパーラーでマンゴーパフェを食べてから帰宅しました。どうにかなるさ!とお気楽モードでございます。

<追記>
このブログでコメントを送信する時に、私のサイトのURLを入力すると全く送信できないのです。なんで??
[PR]

by 35624 | 2006-07-23 21:51 | 音楽  

Co~ldPlay @ 武道館

b0056306_23592964.jpg
コールドプレイの来日公演に行って参りました!今回はこれと言ってトラブルも無く、無事(?)に参加できた事を神様に感謝しつつ・・・、レポスタート↓

"コールドプレイ、初単独公演"、この神々しい響きに導かれ、チケットを買ったのが数ヶ月前。本日、彼らのライブが開催される日本武道館、前回は2月に行われたフランツ・フェルディナンドの来日公演でこの場所にお邪魔したのだが、その時はあまり喜ばしくない座席(2階席の最後列近く)での観賞となった。前回の苦い教訓を生かし、良い座席を得たかったところだが・・・、またしても2階席の最後列付近での観賞を余儀なくされた。(毎度の事ですが、チケットはお早めに・・・)

<話は遡り>
会社勤めの人間にとって、平日のライブは脅威と言える。"定時で仕事を終える"という簡潔にして最大の試練が待っている。7月18日 朝9時、連休明けという事もあり、私のデスクには山積みされた書類が今にも崩れそうな勢いで乗っかっている。希望の光はとっくに消え失せた午前中、だがしかし・・・人間ヤル気になればできるもので、早々に会社を出る事に成功!私に必要だったものは、仕事をほったらかして帰る勇気(汗)だったのだ・・・。

<脱線しましたが、本題へ>
ステージが突如暗転しバックスクリーンに黒抜きの文字が映し出される。そこに浮かび上がる男のシルエットと聴き覚えのある前奏、1曲目"Square One"。激しく変化するギター音と共に、それまでシルエットだけであった男にスポットライトが当たる、ヴォーカルのクリスに間違いない!湧き上がる大きな歓声、それに負けない声で叫ぶ私、あまりの感動で意識が遠退いた。今まさに目の前で演奏しているバンドは、正真正銘"コールドプレイ"だよね?と不思議な感覚に捉われたのを覚えている。
2曲目"Politik"を挟み、早くも名曲"Yellow"が繰り出され、本日最も幸せな時間が訪れた。おそらく主催者側が用意していたのであろう黄色いバルーンが幾つも飛び交い、優しい光りでライトアップされた会場内にとてつもない"至福オーラ"が溢れていた。ファンなら感嘆するような曲を次々と演奏する彼ら、そしてついに私が待ち望んでいた"What If"のイントロが聴こえると、自然と熱いものが込み上げた。最新アルバム「X&Y」の中でも特に好きな曲、"Fix You"や"Speed Of Sound"を差置いて、それまで最も聴き込んでいた曲、リピートした回数は計り知れない・・・。

意表を付いて演奏された"Don't Panic"、本日2度目の涙を誘った"Clocks"、それぞれが趣向を凝らした演出と、(驚くほど動き回る)クリスのパフォーマンスによって、最高に素晴らしい舞台になった。本編は"Talk"で1度終了するも、"Swallowed In The Sea"で再度ステージに立つ彼ら、まだあの名曲を聴いてない!といった心配も無用、フィナーレは"In My Place"、"Fix You"のいう反則技が飛び出し、3度目の涙・・・。大合唱に次ぐ大合唱、本当に本当に感動的な瞬間を味わえた事、コールドプレイの面々に感謝したい!

そして、全てが終わった彼ら4人は、全員で肩を組みながら私達に2度頭を下げた ・ ・ ・

<あとがきのようなもの>
かなり私情入ってますがお許しください。コールドプレイ、以前からライブを観たかったので、初見できて嬉しかったです。やたらに長々しいレポを読んで頂き有難う御座います!今回の公演に参加した方、お疲れ様でした!
そしてそして、期待している方もいるかも知れませんが、この度の戦利品を紹介↓
b0056306_1393328.jpg
会場付近で怪しげなパチモノグッズを売る怪しいオジサンが経営する屋台、今回も寄ってしまいました・・・。これがまた、どこにでもありそうな写真を堂々と貼り付けた"うちわ"です。今年の夏はこのうちわで乗り切る予定ですので。。。
[PR]

by 35624 | 2006-07-20 01:46 | 長文コラム  

無限の彼方へ

b0056306_23532123.gif
連休中日、久しぶりに六本木ヒルズへ行きました。これと言って目的は無かったのですが、いざ森美術館(森ビル)の前を通りかかったらば、とても気になる展覧会(上↑写真参照)が催されていたので見てきました。その名もピクサー展!トイ・ストーリー、バグズライフ、ファインディング・ニモ・・・などなど名作フルCGアニメーションをいくつも生み出している企業、そこで作られる魅力的なキャラクターのコンセプトアートや舞台裏を少しだけ覗く事ができます。
展示されていた様々なラフスケッチや模型は、どれも知っているキャラクターばかりで飽きることなく観賞させて頂きました。単にCGアニメと言っても、実際に映像化されるまでの制作過程が非常に面白く、何より"展示"の仕方がよく練られていて驚きました。きっと、ピクサーファンには堪らないと思います!帰りには(分厚い)カタログを購入し、かなり満足して終える事が出来ました。

その後、HMVへ。と言いたいところですが、今日は行ってません。
六本木から西麻布へ徒歩で移動し、権八という居酒屋(?)へ・・・。私の大好きなクエンティン・タランティーノ監督の「KILL BILL Vol.1」で後半の舞台(ルーシー・リューが登場した変な料理屋)となった場所、それがこのお店(下↓写真参照)みたいなので以前から行きたかったのです。店員さんに詳しい事を聞きましたら、確かにタランティーノ監督自らが「このお店を私の次作品で使わせてくれ!」とお願いしに来たそうです。しかし、日本で撮影は行わずに、本国でこのお店そっくりの舞台セットを作り、撮影はそこで行われたと聞きました。私のアホでミーハーな質問に答えて下さった優しい店員さん、ありがとうございました!という事で、今日のお話でした。
b0056306_23543135.gif

<追記>
明後日はコールドプレイ@武道館です!
現在、彼らの曲を総復習しております。。
[PR]

by 35624 | 2006-07-17 00:55 | 雑記  

佐世保がどこだか分からなかった件

b0056306_21381312.jpg
中野にあるZATS BURGER CAFEというハンバーガーショップ(上↑画像参照)に行きました。以前から非常に興味がありつつも、"中野"という場所に用事が無くてなかなか行けなかったのですが、本日ついに足を運びました!ここで食べれる名物バーガー、"佐世保バーガー"とご対面です。
お店に着くも既に並んでいる人多数であった為、15分少々待ちましたが、すぐさま佐世保バーガーとマンゴージュースを注文。程無く目的のブツが席に到着し、早速頂く私(と連れ)。食べるのに夢中で、写真を撮る事すら忘れましたが・・・、文句無く美味しいです!決して派手な味ではないけれど、ジューシーなお肉にベーコンと卵、新鮮な野菜達をほのかに甘いバンズで挟み込んだ絶品バーガーです!中野に来た際(来る事無いと思いますが・・・)には、是非にお立ち寄りください!

その後、中野ブロードウェイをブラブラ。マニアの聖地として知られるこの場所ですが、その手の探し物があると必ずここへ来ます、私。久しぶりに中野を満喫した一日でした。

<追記>
先日、フジロックのチケットが出来たらしく、岩盤まで取りにいきました。さすがにテンション上がります!
[PR]

by 35624 | 2006-07-09 22:27 | 雑記  

私の頭の中の消しゴムは??

b0056306_23134537.jpg最近、物凄く蒸暑く、ブログも滞り気味(あまり関係無い)ですが、このアルバムがリリースされたからには、筆を執らないわけにはいきません!"世界屈指のロックバンド"RADIOHEAD、そしてその核とも言えるヴォーカリスト、Thom Yorkeによるソロデビューアルバム「The Eraser」。「トムはもうすぐソロ作品を作るだろう。きっと凄いものが出来る」、どこかのインタビューでこのような発言を耳にしてから早数年、やっと・・・、やっとの事で発売されましたね。7月某日、実際にアルバムジャケットを手にした私は、あまりの嬉しさに、しばらく封を開けられませんでした・・・。

M1."The Eraser"、エレクトロニクスを前面に打ち出したサウンド、"RADIOHEADの4thアルバム「Kid A」と類似"と捉える方は多くいると思いますが、それらを聴き比べてみて相違点を検証しました。「Kid A」はヴォーカルよりも電子音のレベルの方が大きいのに対し、「The Eraser」はヴォーカルがより一層目立つように、多少電子音が小さめに設定されているような(気がします)。にも関わらず、ビートだけはヴォーカルと同レベルで鳴らされており、トム・ヨーク自身が語る「よりビートがきいていて、エレクトロニクスな音」というのが頷けますね。続くM2."Analyse"、美しいピアノとトムの高い声色が、やや控えめな電子音により惹き立てられる素晴らしいトラックです!鳥肌モノ!
当初私は、「ソロアルバムはインスト作品かな?」と勝手な思い込みをしていましたが、蓋を開けてみれば"前編ヴォーカルトラック"で本当に嬉しく思っています。年を重ねる度に深みが増す彼の声、M6."Atoms For Peace"などを聴いていると、バンドサウンドよりもこのようなエレクトロワークの方が本業ではないか?とすら思えてきますね。ラスト"Cymbal Rush"まで、1曲たりとも"どこかで聴いた"が存在しない、そんな作品でした。

<あとがき>
スラスラ書いたつもりが、時計を見たら2時間程経過していました・・・。同じ曲を5回6回とリピートしたり、過去の作品と聴き比べたり、暇人な私です。
[PR]

by 35624 | 2006-07-07 01:00 | 音楽  

女神の系譜

b0056306_0213372.jpg
Museの4thアルバム「Black Holes And Revelations」を買ってきました。前作「Absolution」が個人的ベストアルバムであっただけに、今作に対する私の想いは、そう簡単には言い表せないものがあります。過去にリリースされた3作品はどれも秀逸、UKバンドの中でも群を抜いて芯が強いロックを演奏する彼ら、当初は"Radioheadと類似"と評される事もありましたが、作品を重ねる毎にMuseというバンドが"オンリーワン"である事を証明してきました。

早速、M1."Take A Bow"を再生します。聴こえてきたのは、Pink Floydの「狂気」を思わせるシンセサイザーのループと激しいギターが交錯するスペクタクル!やはり、彼らにはこのような曲を望んでいるのかも知れません。ドラマチックな展開、これでもかとメロディを重視した曲調、これらの前作で一部のファンや評論家から指摘された事は、私にとっては全く負の要素になりません。2曲目の"Starlight"を前にしては、ただただ平伏するばかりですもの。
重厚なギターから始まるM3."Supermassive Black Hole"、そして次曲の"Map Of The Problematique"、UKバンド特有の叙情性にメタルやプログレの破壊的要素を取り入れ、かつそれらを今作のコンセプトである"宇宙"に準え、圧倒的なインパクトで仕上げる。もう、さすがとしか言いようがありません!

<あとがき>
これ、本日購入しまして、1回だけ通して聴いただけで文章にしましたので、前半の事しか書けてませんね。今日はコーチュラフェスのDVDを買ったりなんだりと、いつも以上に散財しましたよ・・・。
[PR]

by 35624 | 2006-07-02 01:34 | 音楽