<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

太陽の下

b0056306_0185951.jpg最近、まともにレビューを書いてないので"たまには!"と言いたいところですが、それはまた今度に・・・(苦笑)
The Sunshine Undergroudの1stアルバム「Raise The Alarm」。実は先日購入したCookie Sceneの付録CDに当作品の"Put You In The Place"という曲が収録されておりまして、それを聴いた途端一気に魅せられてしまったのです!が、未だこの(←)CDは買ってませんのでご了承を(汗)

彼らの曲、一言で言ってしまえば"The Raptureの類似バンド"で済んでしまうのでしょうが、もう少し加筆させてください。"ダンサブルなビートバンド"という点では確かに似ているのですが、彼らはRaptureに比べるとそれほど凝った音楽を作っていない為、逆にその匙加減が丁度良いのです。単純に、RaptureよりもSunshine Undergroudの方が踊り易い(はず)!雑誌のインタビューにメンバーのフェイバリットミュージックが記載されていたのですが、"Stone Roses"や"Happymondays"、"Chemical Brothers"といったバンドを挙げていました。誰もがよく知るビッグネームを堂々と「大好きだ!」と発言できる事が、"Put You In The Place"のようなポピュラリティーに溢れ、かつコンセプトが明確な曲を書く原動力になったのかな?と感じています。

以上、"CD買う前に一言"でした・・・。

The Sunshine UndergroudはBRITISH ANTHEMS 2006に出演するのですよね。。行くか迷いますね・・・。
[PR]

by 35624 | 2006-11-29 01:12 | 音楽  

私のお買い物記録

b0056306_21405716.jpg探していたCDが見つかった時程嬉しい事はありませんよね?
画像(←参照)の作品は橋本徹氏監修、お馴染み"Free Soulシリーズ"からサルソウルをフィーチャーしたコンピレーション盤でございます。
(ウケウリですが)サルソウルとは70~80年代のニューヨークに拠点を置いたレーベルの事だそうで、後のディスコサウンドの原形となった数々の名曲を生み出したとどこかの雑誌に書いてありました。正統派オールドソウルも良いですが、私が本当に好きなのは現代のハウスミュージックに直結するようなダンスクラシックスですので直ぐに飛び付きました。しかし、CD屋さんに立ち寄っても、これを買う事すら忘れていたのですが、今日はお店(HMV)の一角で特集コーナーが設置してあったのでやっと購入成功(汗)

<@HMV>
前置き通り、昨日今日とHMVでお買い物してきました!上(↑)の作品以外で購入したのは、
A Hundred Birds 「Feelin' Your Bright Light」 (ファンなので・・)
O.S.T 「Breaking and Entering」 (Underworld監修、話題のサントラ)
My Chemical Romance 「The Black Parade」 (今聴いているのですが素晴らしい!)
Ordinary Boys 「How To Get Everything~」  (ファンなので・・2)
Cookie Scene (これはCDではありません)

<@チケット屋>
1月のThe Killersの来日公演チケ、無事ゲットです!

<@本屋>
relax(雑誌)のバックナンバー大量購入、集めつつ尻切れになっていた漫画も購入。

両手に荷物を持って帰宅、物欲を抑えきれない私です・・。
[PR]

by 35624 | 2006-11-26 22:25 | 音楽  

ほ・・・る・・・、 ほる・・、 掘る・・、 掘る~っ!

b0056306_18444626.gif本日は、こんなもの(←画像参照)を探しに本屋を廻りました。
「レコード・バイヤーズ・ダイアリー」。元JET SETオーナー、現BALLROOM RECORDを経営されている内門洋さんによるレコード海外買い付けヨタ話(ヲタ話?)。レコード大量買付けの裏話から旅の事情まで、赤裸々に綴った書籍でございます。

もう何年も中古レコ&CDを掘り続けている私ですが、"レコード・バイヤー"という仕事に全く無関心だったという訳ではありません。現在ですら、休日になると中古屋さんへ行き、「レア物ゲット!」と喜んでいるのですから・・(汗)もう今からバイヤーになるぞ!とは思いませんが、人様のお仕事を本で楽しむくらいなら問題無いだろうと数軒の本屋を探しました。が、一軒も置いてないという事実!という事でまた今度探しに行きますっ。。

それと、今日はこんな映画を観てきました。地下鉄に乗ってという作品。これは付き合いで観賞しましたが、「最近邦画の比率が高いので、洋画もチェックしなくては!」と無駄な事を考えております。

<こんなライブ行きます報告>
12月のTim Deluxe、1月のThe Killers (あくまで行けたら良いなぁベース)
[PR]

by 35624 | 2006-11-19 19:23 | 雑記  

冬が始まるよ

本日は晴天なり

最近になってようやく"冬"という季節が始動し始めたのか、薄着で家の外に出たら寒かった

休日で十分に睡眠をとったはずだが、頭が"休日モード"になっていない

i podと財布を握り締めバスに乗り込む

車内のBGM・・・、覚えていない

中古CD屋に入店、足早にRadioheadコーナーへ

通算6枚目の"My Iron Lung e.p."を手にした

去年の冬も同じCDを買った、今年も買った

もうすぐ2006年が終わる、あっと言う間

車内のBGM、Oasis "Stop Crying Your Heart Out"

<解説>
久しぶり立ち寄った中古CD屋さんで"My Iron Lung e.p."の英国盤を(安価で)見つけました。RadioHaedの各国盤シングルやブートレグを集めているのですが、なかなか道は険しいです・・・。さてさて、このブログも11月で2周年を迎えました!不定期更新の日記、さらに偏った更新の本サイト(笑)共々、見に来て頂いている方には大変感謝しております。宜しければ、あと数年はお付き合いくださいね!
[PR]

by 35624 | 2006-11-12 22:55 | 雑記  

ナチョ~~~~~~

b0056306_22361514.jpgナチョリブレ、観てきました!まぁ、出鼻からこんな感想を述べるのもどうかと思いましたが、話の内容は薄いです。私は映画や音楽の評価に対して寛容な方ですが、この作品に関してはジャック・ブラックが出演していなければ、"お金を半分返して!"とでも言いたくなるものでした(汗)

が、やはりジャック・ブラックという俳優は、どのような映画でもキラリと輝かせる能力を持っていますね。今までの出演作でも異質な存在感を放っていましたが、今作でも単純なコメディを超越した何かを感じ取れます。それは彼が放つ一つ一つの台詞や歌であったり、到底真似のできないオーバーリアクション、映画自体は言わずもがな、ジャック・ブラックを、、彼の一人舞台を観るために映画館に来ている方は多かったように感じました。私の前席に座っていたオジサン、ジャックが何か言葉を発する毎に大笑いしていましたが、とてもお気持ち分かります。出来れば映画を観た後に、彼について語り合いたいくらい(笑)

彼の演技、前出演作「キングコング」ではシリアスな役柄というのも然りですが、多少はビッグネーム作の雰囲気に飲まれたという点もあったと思います。しかしながら、あれだけの大作と役柄の後に、「ナチョリブレ」のような一見B級コメディへの出演、とても興味深いと同時に一種の安心感すらありました。本当は「スクールオブロック」のような音楽ネタも満載な作品を熱望していましたが、これはこれで観て良かったです!

長くなりましたが、読んでくださった方有難う御座います~。
[PR]

by 35624 | 2006-11-06 23:10 | 映画  

ミスティックリバー

b0056306_2311540.gif
連休初日、新宿駅を出発すること2時間半・・・、埼玉は長瀞に到着したのは午後2時過ぎ。はるばるこんなところまで何をしに来たかと言うと、本日は"急流下り"をするためにやってきたのです。"長瀞"は埼玉県の西北部に位置しており、荒川の中流に属するこの地域ではカヌーやラフティングがとても盛んであります。実際、大きな川でカヌーを楽しんでおられる方、オートキャンプ場ではご家族連れの多い事多い事、そんなアウトドアな雰囲気を堪能すべくこの地へ来たわけでございます、私。
ちと画像(↑参照)粗いですが、これがその川です。当然、私はカヌーなんてできないので団体用(船頭さん付き)の船で3km程川を下りました。途中は流れが急な箇所もあり、面白かったです。

帰りは鮎の塩焼き(それと、串に刺さったきゅうりの浅漬け)を食べて帰宅。往復5時間弱、日中の殆どを電車で過ごした一日です・・・。
[PR]

by 35624 | 2006-11-04 23:11 | 雑記