「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

出会った~

既に仕事納めも済み、年末の休みに入っているのですが、忘年会だの麻雀大会だのと連日朝帰りが続いており、本日やっと落着いてパソコンの前に座る事が出来ました。という訳で、2006年最終日になってしまいましたが、"今年のベストディスク"を書きたいと思います。

■ Best Rock&Pops Disc ■ My Chemical Romance 『 The Black Parade 』

b0056306_15385872.jpg恥ずかしげも無く選んでしまいましたが、実はよく聴いていました。UKバンドなど多少難解さも手伝った音楽ばかりを購入した中で、彼らのようにストレートなスクリーモは私の脳天に突き刺さりました。M5."Welcome To The Black Parade"を筆頭に、本当に素晴らしい曲ばかりが収録されています。今年はUKバンドも新人を含めて良作がザクザクでしたが、やはりMuseの「Black Holes And Revelations」は別格の風格があったのではないか?と思います。

<他に良かったディスク> 
Muse 『Black Holes And Revelations』
Midlake 『Trials Of Van Occupanther』
Jenny Lewis 『Rabbit Fur Coat』

■ Best Dance&Club Disc ■ Basement Jaxx 『 Crazy Itch Radio 』

b0056306_1683061.jpgもうこれしかありませんね。来年早々、初めて彼らの来日公演に行くのですが、その事も手伝って日々リピートし続けておりました。4作目をリリースしてもデビュー時と変わらず、女性ヴォーカルを前面にフィーチャーしつつダンスミュージック・ファンだけに媚びないそのスタイル、さすがです!クラブ方面では下記の"他に良かったディスク"を見ても分かる通り、ジャズの要素を含んだものばかり買っていました。来年はもう少し、インテリジェントテクノ、もっと純正なダンスミュージックを聴きたいと思います。

<他に良かったディスク> 
DJ Kawasaki 『Beautiful』
Herbert 『Scale』
V.A 『須永辰緒の夜ジャズ』シリーズ

■ 心を刺したシングル達 ■

b0056306_17114769.jpgBasement Jaxx "Hush Boy"
前述したBasement Jaxxの4thアルバム「Crazy Itch Radio」のリードシングルです。とにかく初聴で完全にノックアウトさせられた完璧なまでのアッパーハウス!1月の来日公演が楽しみでなりません(笑)



b0056306_1761561.jpgKeith "Back There"
この曲がシングルだったかは不明・・・。ですが、今年デビューした新人の中では、1曲だけでノックアウトされた数少ないバンド。今年私が購入したUKバンド約60枚、来年も英国勢には期待してます!(ちなみに今年は120枚の素晴らしきCDに出会いました)


b0056306_1742477.jpg絢香 "三日月"
この曲をここに書く事になるとは・・・。
邦楽も出来るだけ聴いたのですが、今年は他にもSeamoの"マタアイマショウ"などなど個人的にツボな楽曲が多かった気がします。今晩は紅白歌合戦が楽しみでございます!


■ 総括を書いてみる ■
今年は純正ジャズやワールドミュージックを殆ど買いませんでしたね。段々とCD棚の中でそのコーナーだけが衰退しているのが分かります(汗)ライブでは、今年は念願のフジロックへ行けたのが大きかったですね、あそこはホントに天国だ!今でもそう思いながら夢見心地になってしまいます・・・。それと今年も私のサイトを通じて、色々な方と交流させて頂く事ができてとても嬉しかったです。宜しければ来年もお付き合いくださいませ!では、良いお年を!
[PR]

by 35624 | 2006-12-31 17:25 | 音楽  

baby I love you

ここは自宅の前の道
いつもは比較的交通量が多い道路なのに何故だか車が通っていない
その代わりに道路の中心に人だかりが出来ている
その人だかりの深部では、何故だかくるりが路上ライブをしていた
当然の事ながら最前列を目指し突進する私
すると不思議な事に、進めば進む程周りの人が蒸発するかのように消えていき
ついにはその場に私一人しか居なくなった

今日の朝、こんな夢を見ました。1泊で温泉へ行き、先程帰ってきたところです。リフレッシュするハズが逆に風邪を悪化させてしまい、今日は早めに床に就く気でいます。下↓の画像は温泉街で"ご自由に焼いて試食してください"という看板と共に、沢山の人が集まっていた干物屋さん。勿論私も焼いて食べました。一番手前にあるのが私の手です(汗)
b0056306_19142848.jpg
話は変わりますが、今月号のTITLE(雑誌)が"DVD特集"なので買います、と言うか既に買ってます。付録として、話題の海外ドラマ第1話がまるまる3本入ったDVD付き!「SEX and the CITY」や「24」を超える作品がこの中にあるかも知れないと期待しています(笑)
[PR]

by 35624 | 2006-12-24 19:31 | 雑記  

a24oppと!

b0056306_0303491.jpg
「よつばと!展」、行ってきました。上↑の画像は、展示されていた等身大パネル。展覧会と言っても、かなり小規模&フロアの片隅にポツンと展示スペースがあるだけで、そこに大勢の人がいるものだから、かなりせせこましかったです。原画を観賞し、グッズを買ってそそくさと出てきました・・。それからはいつも通り、本屋さん→CD屋さんコースへ(笑)

HMVでお買い物。本日の戦利品は、Free tempo「IMAGERY」とMidlake「The Trials of Van Occupanther」、後者は私がいつもお世話になっているamさんのブログで紹介されていましたが、大変に素晴らしい(←こればっかりですが・・)作品!古き良き時代の音楽をベースにしながら、電子音などの現代的手法を用い、さらにピアノやアコギといった美ロックには欠かせない素材で締めくくる、私が一番好きなパターンです(笑)年末にはお約束の"今年良かったディスク"をやろうかな?と考えてますが、Midlakeは確実に入ります。

b0056306_0215054.jpg追記!実は大きい買い物をしていて、それが来週の火曜日に届きます。薄型液晶テレビ AQUOS 32型フルハイビジョンモデル・・・、買ってしまいました!これからは大画面で映画が楽しめると思うとニヤけますなー(汗)ですが、お金がドカンと減りました・・・。
[PR]

by 35624 | 2006-12-17 01:11 | 雑記  

アフロ!←マーズヴォルタじゃないですよ

b0056306_2358238.jpg遅ればせながらAlbert Hammond Jrの「Yours To Keep」、かなり聴いています。押しも押されぬ人気バンドになったThe Strokesのギタリストであり、"カリフォルニアの青い空"で知られるAlbert Hammondを父親に持つ、まさに申し分無い音楽環境で育った彼のソロデビュー盤。正直な話、The Strokesでの彼の存在感には全く気付かなかったのですが、このソロアルバムを聴いて考えを改めました(汗)かなり秀逸な作品です!

童話のようなアルバムジャケットが示す通り、冒頭の曲はまるで子守唄のような赴きがあります。何故だか衝動的にVelvet Undergroundの1stに収録されている"Sunday Morning"を思い出しました。そしてM2."In Transit "、strokesを連想させるロックが!ギターを抜き出してみても、strokesではジュリアンのアイデアばかりが目立っていたように思いますが、やはりアルバートの功績も大きかったのかな?と考え直してしまいますね。M4."Bright Young Thing"、またはM5のような丸みを帯びた曲調を演出するのは、もはや彼ならではの所業でしょうか。"101"を聴くとまだ"前身バンドらしさ"が抜けていない様子ですが、これからはさらに良い作品を作るために躍進して欲しいです!

では長々と失礼しましたー。
[PR]

by 35624 | 2006-12-13 00:59 | 音楽  

インドアやなぁ~

b0056306_2331473.jpg休日は殆ど家を出ずに過ごしました。聴かずに放置されたCDを(一応聴いてから)片付け、読まずに山積みされた漫画や雑誌をとりあえず流し読み、それだけで一日が終わってしまいます・・・。なので特には書く事が無いのですが、更新する時間はあったのでパソコンの前に座っています(汗)左の画像は最近お気に入りのコミック「よつばと」。"毎日が夏休みだったら良いなぁ"などと考えている私にはピッタリの漫画です。何故だか分かりませんが、現在「よつばと」の展覧会が開催されているらしいのです。来週絶対行きます!それと「saw 3」も観てきます!
[PR]

by 35624 | 2006-12-11 00:17 | 雑記  

サラリーマンの聖地へ

b0056306_2136454.jpg
久しぶりに映画試写会へ行きました。「スキャナー ダークリー」という作品ですが、試写会の時間帯と場所がとても微妙(新橋駅近くのビルに午前10時半)でして、休日にも係わらず早起きをさせられたわけです・・・。とは言え映画の内容はとても素晴らしく、わざわざ赴いた甲斐がありましたね。属に言う"ドラッグもの"なのですが、監督リチャード・リンクレイターが前々作の「ウェイキング・ライフ」で見せた特殊なアニメーション(?)技術を今作でも駆使し、非常に不思議な映像表現を可能にしています。ストーリー性があるので、それほど疲れずに観終える事ができました。しかし!最大のポイントは、随所にRadioheadの音源が使われているところです!エンドクレジットにはしっかりとトム・ヨークの名が!(ちなみにエンディングは同バンドの"Fog"という曲)

その後は、せっかく新橋に来たのでこれまた久しぶりに汐留シオサイトへ。気分的にどうしても和食が食べたかったので、シオサイト内をグルグル歩き回りつつ見つけたはるのというお店で昼食です。
本屋へ立ち寄ったら、探していた本を見つけました!先日、ここで紹介した「レコード・バイヤーズ・ダイアリー」、やっとゲット!さすが天下の紀伊国屋、品揃えの良さに平伏するばかりですな。それと、ついでにBRUTUSも購入、今号は沖縄特集なのですが、なんと!RYUKYUDISKOのCDが付いてます、お得!沖縄へトリップ出来る事間違いなし!
b0056306_2202229.jpg
上(↑画像参照)の写真は、試写会場(WARNERだったので)に偶然立っていたLooneyTunesの有名キャラ。記念にパチリと。
[PR]

by 35624 | 2006-12-03 22:06 | 雑記