「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ROCK FUJIYAMA 前半戦

一日だけですが、行ってきましたフジロック!タイトな時間の中で、自分なりに最大限に楽しめたかなと思います。非日常の空間、忘れないうちにメモをしておきたいと思います、レポスタート↓

<7/29(土) 8:40>
東京を出発したのが、参加日当日の朝。色々とあり、前日の夜に出発する気でいた予定が、このような事態に・・。車で苗場までかっ飛ばす、と同時で車中でipodを使った予習大会開始。今年の出演者陣(特に土曜日は)には、どうしても観なければいけないバンドもいないので、そういった面では心なしか気持ちが楽だったのだが、もう一つ心配事が・・・。

b0056306_212767.jpgb0056306_2122915.jpg








<12:10 苗場着>
駐車場(宿に駐車場だけ貸してもらっています)に到着。一日だけの参加とは言え日帰りではなく、次の日の朝に出発なので、二日分の駐車予約を取ってある。必然的に車中泊になるが、宿を取るより断然安く、しかもお風呂も貸して頂けるので問題無し。
先程書いた心配事、実はいつもブログ等でお世話になっている方々にお会いする予定をしていたのだ。その集合時間12:30に対し、もう時間が無い!という事で、連れを残しダッシュ!しかしながら、行く手を阻む人ごみ&リストバンド引換えの列・・・、色々ありつつもなんとか少し(?)の遅刻で待ち合わせに到着。皆様とは、お話もでき、乾杯もでき、本当に楽しかったです!

carrionさん&MTさん、PGさん&妹さん、tomoraさんファミリー、songbirdさん&彼氏さん&Aさん&お友達さん、shindouさん&お友達さん、ありがとうございました!
そして、遅刻してすみません(汗)

<12:20 Scafull King>
会合のあとは、軽い昼食(スタンダードにチキンカレー)の後、これまた急いでホワイトステージへ行き、一発目のScafull King。メンバー自らが語る、90年代を騒がせたスカコアバンド、ホーンを使った巧みなメロディ、スカパンクならではのゴリ押し感がとても気持ちよい。休止期間を終え、久しぶりの復活舞台がフジロックとあっては盛り上がらない訳が無く、旧ナンバーのみのセットながら大変素晴らしかったように思う。ラストの"We are the world"も大合唱だった。

<15:50 Kuka Shaker>
お次はかなり期待しているKuka Shaker!
グリーンステージの後方で待機していると、インド風イントロと共にバンドの登場。ヴォーカルのクリスピアンからは只ならぬオーラが・・、そしてギターに手をかけた瞬間、会場中に電流が走る、"Hey dude"!曇り空から夕陽の光りが差し込み、"Catch the sun"という曲中のフレーズを叫んだ私は卒倒しそうになった(笑)
新曲旧曲を交ぜたセットリスト、演奏は至極完璧に近く、新曲の"Second Sight"、"Great Dictator"は私が望んだものだった。彼らの作品は、"ベースが命"のような曲が多ので、下地がしっかりしていると迫力も違うように思うのだ。前回のフジでは見逃しているので、今年はリベンジ成功。

--- 後編へ続いたりします ---
[PR]

by 35624 | 2007-07-29 22:41 | 音楽  

ブルーベルベットから始まった狂宴

b0056306_23233556.jpg
奇才デイビット・リンチ監督の新作「インランド・エンパイア」の公開初日、行って参りました。前作の「マルホランド・ドライブ」も衝撃的な作品でしたが、今作も素晴らしく難解な出来!当然ながら、頭の弱い私には、さっぱり意味が分からないお話でしたが、3時間という長い上映時間があっと言う間に過ぎる程面白かったです。「ロストハイウェイ」から続く、リンチ監督お得意の意味不明な映像表現は、この作品で最高潮になったのでは?これからじっくり考察して、DVD発売までには物語の全貌を解析したいですね。久しぶりに、もう一度観に行きたいと思った映画です。

恵比寿ガーデンシネマでの鑑賞だったのですが、昼に到着したにも係わらず、上映開始15:00~のチケットしか購入できなかったので、ずっと恵比寿で時間潰してました。特に何をするわけでもなく、ボーっと。

さてさて、来週はいよいよフジロックです!
今年の目標は、とにかく朝まで頑張る、題して"飛ばし過ぎないフジ、07"です。と言ってもクーラやアッシュ、スキャフルキングを目の前にして、冷静でいられるかな?いや、無理ですね(笑)一日だけの参加なので体力的には何とかなるでしょう。持物も超軽装備で行きますし・・。

<追記>
Super Furry Animalsの単独来日公演、eプラの先行申し込もうと考えてましたが、すっかり忘れていて、先行期間が過ぎてしまった・・・。失敗です。
[PR]

by 35624 | 2007-07-22 00:06 | 雑記  

暴風圏内の中

せっかくの休日に台風・・、雨と風が思ったより酷くなかったので外出しました。わざわざ台風の時に出かける用事も無かったのですが、HMVへはしっかりと(笑)こんな日もあるのでしょうか?、欲しい作品は沢山あるのに、なんだか購買意欲が湧かなく、とりあえず目に付いたNo Use For A Nameのベスト盤だけ買って早々に退避!「雨の日に出てきたのに何も買わないのは・・」と思った挙句の購入です。
新宿ルミネエストの地下で、いつも大行列を作っているケーキショップHARBSに通りかかったのですが、台風の影響なのかあまり並んでなかったので入店しました。
b0056306_23494782.jpg
注文したバナナクリームタルト、普通のケーキよりも大分ボリュームがあるのですが、かなり甘さ控え目に作られているのでさらりと食べられます。最近、甘いものを食べ過ぎてイカンですね・・、と言いながら帰宅途中にお菓子(新作は試さないとね♪)を沢山買ってしまいましたが。

なにげに明日も休みという事で、レンタルビデオ屋さんで「リトル・ミス・サンシャイン」と「どろろ」、「ディパーテッド」を借りました。明日は映画dayにしよう。
[PR]

by 35624 | 2007-07-16 00:13 | 雑記  

A BOY!

萌え系フィギュアを買いに、というのは冗談で、以前から欲しい家具があったので秋葉原のyamagiwaへお邪魔しました。秋葉原駅へは久しぶりに来たのですが、周辺の再開発が進んでおり、驚くほど綺麗でした。ヨドバシカメラもあったりして、思わず寄り道してしまいます。yamagiwaでは、お目当てのデスクやスツールを下見、いつかBang & Olufsenのオーディオが欲しいものです。

駅の自動販売機でおでん缶とラーメン缶(↓下画像参照)を購入、もはや"秋葉原の名物"なのでしょうか、色々なところで売ってました。先程、ラーメン缶を味見してみたのですが、ラーメンだと思わなければ結構美味しいかも(笑)
b0056306_2242744.jpg
<最近のはまりもの>
TVドラマ「パパとムスメの7日間」、内容も面白く、少し笑えて、日曜日の楽しみになりつつあります。それと今更ながら、香港映画「インファナル・アフェア」。アジアンムービーを避ける傾向にある私ですが、友人の熱烈なオススメで鑑賞した結果、夢中になっています。
Godivaのショコリキサー、近場にオープンして以来、かなりの頻度で飲むチョコレートドリンク、平日の仕事後の楽しみでもあります。
[PR]

by 35624 | 2007-07-09 00:38 | 雑記  

王者のなんたるか

話題の新作が続々とリリースされ、私もCD大量買いに走りましたが、やはり最も心を打った作品がコレ、Kula Shaker「Strangefolk」。一緒に購入したChemical Brothersの新作が薄れてしまう程の秀作でございます。クーラの話題に行く前にケミカル兄弟について一言、大ファンであるものの今作に至っては多少私のツボとズレた感があります。購入するか本気で迷いましたが、"HMVポイント3倍day"だったのでまぁ良いかと(笑)

b0056306_0564597.jpg東洋音楽を取り入れた衝撃のアルバム「K」より10年、解散を経ての再結成を遂げた彼ら、アルバム発売を待つ私達を焦らすかのように、過去音源の焼き直しやEPをリリースしてきましたが、ようやく3rdアルバムが完成!まず、ジャケットが素晴らしい!気品溢れるデザインは、既存のインド風味を拭い去ったかのようにも感じられ、クリスピアン(Vo.)が語る"王者"の風格を醸し出しているようですね。久々にカラーコピーして部屋に飾りたい一品(笑)


うねるようなギターリフから始まるM1."Out On The Highway"、昨今のダンスロックに慣れ親しんでしまった耳にガツンと響くストレートなロックンロール。"これがクーラシェイカーだ!"と言わんばかりのM2、スパイス程度に電子音を取り入れ、牧歌的な懐かしさも同居させるテクニックはさすが、後半の畳み掛けるようなギターに鳥肌です。これは皆様にも是非聞いて欲しい!先日リリースされたEPに収録済みのM4."Great Dictator"、独特のポップ感が素晴らしく、クリスピアンのハイテンション(過ぎる)ヴォーカルも併せて、アルバム中で一番印象に残るのではないかと思います。
待ってましたのインド風インストを挟み、中盤からはミドルテンポの落着いた曲が並びます。前半部の狂乱が嘘だったかのように、ピアノやオルガン、アコギを巧みに使い、素晴らしいメロディを紡ぎ出す彼ら、特にM8、M12は感動モノの出来。本来より、音楽的要素に関して様々な切口を持っていたバンドですが、さらに新境地へ踏み出しましたね。作品全体の雰囲気を損なわずに、様々な色を打ち出せるトラックメイカーはロックバンドでは数える程しかおりませんが、それを容易にやってしまうので驚きです。
[PR]

by 35624 | 2007-07-01 01:55 | 音楽